• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

THIS WEEK【経済】モーリシャス座礁「社員17人」 船主は賠償金を支払えるのか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THIS WEEK【経済】モーリシャス座礁「社員17人」 船主は賠償金を支払えるのか

2020-09-03 05:00
     インド洋の島国モーリシャスの首都で八月二十九日、大規模なデモが起きた。
    「沖合で貨物船『わかしお』が座礁して重油千トンが流出し、事故対応をめぐって不安を覚えた住民が『今の政府はいらない』などと抗議したのです」(国際部記者)
     モーリシャス政府が損害賠償を求めているのが、貨物船を所有し、岡山県笠岡市に本社がある長鋪(ながしき)汽船だ。
    「長鋪さんは江戸時代から百五十年続く同族企業で、長鋪慶明社長は地元ロータリークラブの会長も務めた。所有するタンカーなど外航船十一隻を、今回貨物船を運航していた商船三井などの海運会社に貸し出しています」(地元関係者)
     社員数は十七人で、本社は老舗旅館のような佇まい。長鋪社長は海沿いの五百坪の土地に居を構えている。
     今回の事故による環境への被害はどのくらいかというと、
    「モーリシャスは世界有数の生物多様性を誇り、サンゴ礁やマングローブの経済価値はかなり高い。
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2020-10-23 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。