• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

〈徹底取材〉新総理で誰が笑うのか 菅義偉「親密企業」が〈469億〉GoToイート受注
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

〈徹底取材〉新総理で誰が笑うのか 菅義偉「親密企業」が〈469億〉GoToイート受注

2020-09-17 05:00
  • 4
七年八カ月ぶりに誕生した新総理大臣。就任早々スタート予定なのが、菅氏自ら強力に推進してきた「GoToイート」事業だ。だが、これは誰がための政策なのか。巨額の税金が投入される同事業を調査していくと、新総理と関係の深い企業が浮かび上がってきた――。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2021-06-18 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
 物事には良い面と悪い面が必ずある。何かをやったとしても良い事と悪い事の両方が出てくる。悪い面をゼロにして良い事だけを手中にする事などあり得ない。それが現実である。一ミリでも良い面が多ければそれを推進し、悪い面を改良して行くのが現実の世界である。左翼やマスコミが偉そうに言う、ゼロリスクなどあり得ないし、もしそれを目指すのなら、何事も前に進まない。批判するのは良い、マイナス面を指摘するのも良い、しかしそれならば代案を提示すべきだろう。こうした方が良いと提案しない、出来ないのならすぐに批判するのではなく、様子を見てからでも遅くはない。

野党やマスコミの姿勢が国民の支持を得ないのは、こうした無責任な何も生まれない不毛な態度ばかりだったからだろう。まあ、オリジナリティと言うか発想力の貧しいものにありがちな傾向ではあるのだが。新首相の記者会見でも、森加計、桜の質問をしている記者のなんという視野の狭さと言うか頭の悪さと言うか、論評のしようがない。文春の相沢もその域を一歩も出られないのだろうな。

既得権益なんて、それを得られるものとはじかれるものとの相対的関係で成り立っている。得られる者の方が圧倒的に多ければ既得権益とは言わない。ただの受益者であろう。何故に野党は政権を目指すのか。それは彼らも既得権益を得たいからなのは間違いない。どっちが正しいか、正しくないかなんて関係ない。労働者の権利を守るという名の元に労働組合はあるが、官公労の組合など貴族労働者の為にあると言っても過言ではない。既得権益の権化みたいな組合である。

記者クラブの記者の質の悪さは今更言うまでもないが、本質への質問がほとんどない。無いというより、見えていないというか感じてもいないのだろう。尖閣、台湾への中共の圧力、侵略の姿勢は既に限界を超えている。米中の貿易戦争は本当の戦争の様相を呈している。インドと中共の紛争は米中の代理戦争へと発展するかもしれない。香港、ウイグル、ブータン、モンゴルへの弾圧も常軌を逸している。日本のマスコミはこれらの事実がみえないのだろうか。事の軽重、プライオリティの順番が見えないようでは記者の資格があるのか。それはこの文春も同じだという事だ。

私が日本は良い国だ、日本が大好きだ、日本人は世界に誇れる素晴らしい人々だと言ったら、左翼やマスコミはどう感じるか考える。きっと彼らはそれを大陸や半島の人々に対する差別だとか、ヘイトだとか感じるだろうと推測する。自分たちが素晴らしいと思う事がヘイトだと思う人達に何を言えば理解されるのだろう。精神的病気に近いとおもう。アメリカのCNNやNYTなども同じ穴の狢と思うが、こうなるともう救いようが無いと思う。森加計、桜だけが問題であるとしか理解できないのなら、一体かれらに何を期待できるのだろうか。
9ヶ月前
×
 先週号のアベガーとスガガーの共存記事に対して書いたコメントのとおり、スガガーが始まりましたね。
週刊文春はこれからも毎号首相批判トップ記事で行くつもりかな。
政治家の世界は良くも悪くも義理と人情とお金の世界だそうで、地縁、血縁の無い一介の政治家秘書が総理大臣にまで上り詰めるまでには、本人の努力が大きいのはもちろんだがきれい事だけでは済まないお金の話しも絡んでいるだろう。
管首相は談話で『行政の縦割りや前例主義を打破して、既得権益にとらわれずに規制の改革を全力で進める「国民のために働く内閣」をつくり、国民の期待に応えてまいります。』と宣言している。「行政の縦割り」と「既得権益」は強く結びついていて、大きな大きな利権構造を作っている。管首相が総務大臣として実績を残している総務省の分野にはテレビもある。テレビは、民放は新聞社と資本が同じで、NHKは反日売国の牙城で自己利権のかたまりだ。管氏の実績からみて「既得権益の打破」は超本気だ。「既得権益」勢力は「反日売国」勢力と重なる部分も多いがより大きく強力だ。役所内部からの抵抗・リークもより激しくなるだろう。管首相は安倍路線の継承を掲げることで反日売国マスコミからの攻撃を受け続けるだけでなく、より大きな既得権益抵抗勢力からの攻撃も受けることになるだろう。
党内での支持基盤が弱いため妥協を強いられることも多いだろうが、初心を忘れず国民のために頑張って欲しい。
9ヶ月前
×
僕らが子供のころ、「8時だョ!全員集合」やジョージ秋山の漫画「銭ゲバ」や「アシュラ」に、PTAの五月蠅い親たちが、「放映するな」とか「載せるな」などと文句を言ってました。自分は週刊文春の記事が大好きなのでこれからも読み続けます。以上。
9ヶ月前
×
 ペナルティの片割れのヒデさんかな?
9ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。