• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

近田春夫の考えるヒット 第1162回「揺るぎない美学が心を離さない! THE ALFEEと浜田省吾の新譜」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

近田春夫の考えるヒット 第1162回「揺るぎない美学が心を離さない! THE ALFEEと浜田省吾の新譜」

2020-09-24 05:00
     THE ALFEEにしても浜田省吾にしても、歳は私の方が少し上なのだが、売り出しの時期は似たようなものだろう。
     同世代感はある。
     アルフィー坂崎幸之助との最初の出会いは、深夜のニッポン放送の廊下だった。互いに何者なのかも知らぬ。その程度の売れ方の芸能人だかミュージシャンだか同士だったと思うのだが、以来、廊下ですれ違えば必ず挨拶を交わしていた。二十代の話である。
     浜田省吾は、愛奴というバンドでドラムを担当した後、ソロに転向した頃だろうか? 世間ではあおい輝彦の『あなただけを』が大ヒットしていた。俺がパーソナリティを務める深夜放送に、リクエストの葉書が毎週毎週よく来ていたのを、今でもよく思い出す。
     そして幾星霜。
     当時大活躍していたロック、フォーク/ニューミュージック界の強者たちも、何処かへ消えてしまったのか、名前を聞かなくなった、思い出すことさえ……というケースも多いなか、この二組は、チャートなどを見てもわかる通り、いまだ現役感をしっかりとアピールしてみせている。どんな秘訣があるのか? 同世代としては気になるところだ。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2020-10-23 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。