• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

キョンキョン 米倉涼子 「新聞記者」で望月記者の酷い裏切り
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

キョンキョン 米倉涼子 「新聞記者」で望月記者の酷い裏切り

2020-09-24 05:00
  • 2
(森友改ざん事件で夫を喪った)赤木雅子さんの説得が失敗に終わったため、『あくまでフィクション』を盾に強引に制作発表に踏み切ったのでしょう」
 こう語るのは、赤木さんとの共著『私は真実が知りたい』の執筆者でもある大阪日日新聞の相澤冬樹記者(57)。九月十五日、ネットフリックス版連続ドラマ『新聞記者』の制作が発表されたのだが……。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2020-10-23 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
映画『新聞記者』は配役とテーマから期待して見たが、最低の不自然な映画で驚いた。あの映画にこだわる企画ならろくな映画になりそうもない。受賞実績は関係なく評価した前作の真実の出来とこの経緯から、メインキャスト予定の俳優も辞退して企画は潰れるのではないかと思う。実際、『新聞記者』を見て、好きで追いかけて見ていた松坂桃李にがっかりしてイメージが悪くなってしまった。
4週間前
×
嘘つき同士の喧嘩に興味は無い。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。