• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

夜ふけのなわとび 第1676回 林真理子「めでたしの三日間」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夜ふけのなわとび 第1676回 林真理子「めでたしの三日間」

2020-12-03 05:00
     コロナが再び大変なことになり始めた。
     冬になればおそらく患者は増えるだろうと予想されていたが、あっという間に東京の一日の感染者は四百人を越え、GoToキャンペーンも見直しとなり、夜の繁華街は時短営業となった。
     とすると、あの三連休は深刻になる直前ギリギリの、小春日和だったなあと思う。
     有意義な本当に楽しい三日間を過ごしたのである。
     一日めは、山梨へ。しつこいようだが甲府の県立文学館で「まるごと林真理子展」が開かれていた。二十三日の閉幕を前に、エンジン01の方々十五人がやってきてくれたのである。
     そうなると見終わった後は宴会ということになる。私は地元の方にいろいろな居酒屋を紹介してもらったのであるが、いまひとつパッとしない。考え方を変えて、老舗のおそば屋さんに頼んでみることにした。
     食べることに関しては、私はきっちりとやる。わざわざ来てくださった方々に、楽しい思い出をつくってほしい。そのために私は、このお店に三回行って、メニューを決めてきたのである。
     このお店は鳥もつ煮が有名だ。鳥もつ煮といえば、B級グルメグランプリで優勝した山梨の名物、鳥の内臓を甘辛く煮たもので、赤トウガラシをふっていただくと実においしい。お酒もすすむ。が、私は玉子焼きもイケることを発見した。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2021-01-22 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。