• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

ポップス歌手の耐えられない軽さ 第46回 桑田佳祐「ボブ・ディランって、どこがいいの??」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポップス歌手の耐えられない軽さ 第46回 桑田佳祐「ボブ・ディランって、どこがいいの??」

2020-12-03 05:00
     皆さんが手にしておられるこの週刊文春といえば、いわゆる「文春砲」でお馴染み。さぁ、今週もド派手に砲弾、炸裂させてくれてますかねぇ??(笑) しかしよくぞ毎週毎週、あっちのスキャンダル、こっちの醜聞と掘り出して来るもんだ……。そのシツコさ、あ、いや《ヴァイタリティ》には、つくづく感心するばかり。まあ“被弾”する方は大変……というか、タマッたもんじゃないけど(汗)。
     ときに、なんで「文春砲」に限らず週刊誌や写真誌が、あんなに人の秘め事に踏込めるかというと、大義名分は「こちとらジャーナリズムでございます!!」って事ね。世の不正や闇を暴き出すことで、大衆に成り代わり世相への批判と告発を繰り広げているのだ!!……ってか?? いや、文春さんにとってみれば《ありのままの事実を取材して書くだけ》という、実に“クールなお立ち場”なんでしょうけど。
     ともあれ、この強大な力を持つ「ジャーナリズム」って、何も週刊誌だけの専売特許じゃあなかったんだよね。かつては音楽だって、このジャーナリズムの要素をたっぷりと含んでいたのである!!
     明治時代に流行した『オッペケペー節』なんてのも、かなり過激に、そして辛辣に世相を皮肉った。この反骨精神……と言うか《滑稽&風刺》の精神が肝心なんだと思う。ただ闇雲に「正義を振りかざせば」イイってモンじゃあない。
     で、今週のお題『ボブ・ディラン』である。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2021-01-22 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。