• このエントリーをはてなブックマークに追加
三浦春馬 実母初告白 「遺骨は手元にあります」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

三浦春馬 実母初告白 「遺骨は手元にあります」

2020-12-24 05:00
  • 1
 うら寂しさが漂う茨城県内の小さな町。スナックやコンビニが連なる飲み屋街の一角で、その女性はひっそりと暮らしている。
 彼女がたった一人の息子を失ったのは、今から五カ月余り前。東京・港区の自宅マンションで自ら命を絶ち、僅か三十年の生涯に幕を下ろしたのだ。
 原因として伝えられたのは、家族への「愛憎」。華やかな芸能界で活躍する息子に対し、女性は金銭を無心することもあったという。以来、母子の間にできた溝は埋まるどころか、深まるばかり。苦悩を募らせた息子は三年ほど前、こんな言葉を親友に漏らしていた。
「結局はお金。両親には二度と会いたくない」
 愛憎半ばする想いは、やがて「絶望」につながったのか。
 小誌記者は十二月十九日夜、その女性、俳優・三浦春馬(享年30)の実母、A子さんと向き合った。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2021-09-17 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
冨田麻里: 三浦姓は実父の姓とありますが?三浦春馬さん小学校6年生で離婚。離婚時の子の戸籍は婚姻時の夫戸籍に残るのが原則。ですが三浦春馬さんはお母様の再婚と同時(?)に再婚相手(2015年離婚)笹本姓にしている(民法791条)なのでお母様は最初の離婚時にお母様の新戸籍を作成し春馬さんを子として新戸籍に入れていると思われます。すると三浦姓が実父のものである場合は、お母様が最初の離婚時に婚姻姓続称を選んでいて、婚姻姓三浦にし、その戸籍に姓を同じくする子である春馬さんを入れた新戸籍を三浦姓で作成した場合です。通常母親の旧姓の新戸籍に子を入れるにあたり、婚姻時の父方(多い)の姓から母の旧姓への氏の変更届を提出するのですが、三浦春馬さんがお母様の最初の離婚後前の4歳から通った茨城県つくば市のアクターズスタジオでの芸名が三浦春馬であったことを考慮するとお母様は最初の離婚時に親権者となりお母様の新戸籍を婚姻姓三浦選択しお子さんを入籍させた場合三浦春馬さんの苗字は実父と同じ三浦のまま民法が認める婚姻姓続称を離婚後3ヶ月の間に提出した三浦姓のお母様の新戸籍に入籍されたものと思われます。三浦春馬さんはお母様が2015年(?)に離婚されるまでお母様の再婚相手(2度目の結婚相手)笹本姓に変わり本名笹本春馬(芸名三浦春馬)だったと複数のソースが記事にしています。再婚時に再婚相手の姓を母親が名乗る場合子も母親の再婚相手の姓を選べるのですがそれには母親再婚時に子が母親の戸籍に入って法律上も子である必要があります。母の再婚相手の姓を母の子が養子縁組なしに名乗るには母と同じ戸籍にある子である必要があるからです。「民法791条②父又は母が氏を改めた(註:三浦春馬さんのお母様の再婚)ことにより子が父母と氏を異にする場合には、子は、父母の婚姻中に限り、前項の許可を得ないで、戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、その父母の氏(註:三浦春馬さんのお母様の再婚相手笹本姓)を称することができる。② 父又は母が氏を改めたことにより子が父母と氏を異にする場合には、子は、父母の婚姻中に限り、前項の許可を得ないで、戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、その父母の氏を称することができる。③ 子が十五歳未満であるときは、その法定代理人が、これに代わって、前二項の行為をすることができる」とされており、三浦春馬さんがお母様が2015年の2度目の離婚をなさられるまで再婚相手の笹本姓を名乗っていたのはお母様の1度目の離婚の際にお母様の新戸籍作成にあたりお母様が子春馬さんの出生時の婚姻姓三浦を離婚後も選択しその氏を子の春馬さんが出生時の母の婚姻姓として三浦姓で離婚後の母の三浦姓の新戸籍に入籍した場合か、お母様が旧姓の苗字で新戸籍を作りお母様の旧姓に子の氏の変更届で合わせた為かいずれかです。
記事は三浦春馬さんが母親と分籍する為実父の姓に戻したかのようにありますが、もしも三浦が実父の姓である場合は、民法791条により母親の再婚期間の間だけ母親の再婚先の名字(笹本)になり母親の再婚の離婚により自動的に母親の最初の離婚の時に母親が新戸籍を作成した際に子が称した姓に自動的に戻った為に過ぎず、母親が最初の離婚で婚姻姓続称「三浦」を選び、母親の最初の離婚後の新戸籍に春馬さん出生時の姓三浦が春馬さんに残っていて三浦姓でお母様が最初の離婚時の新戸籍を作成した時の姓に戻ったためと思われます。三浦姓がお母様の最初の婚姻時の姓つまり春馬さんの出生時の姓であると仮定されるのは三浦春馬さんが芸能界デビュー時(お母様の最初の離婚の前)に三浦春馬と三浦姓を名乗っていたためです。あるいは、三浦姓はお母様の旧姓でお母様の2度目の離婚により、2度目の婚姻姓笹本からお母様の1度目の離婚時の姓(旧姓か一度目の婚姻姓の続称)に民法791条②「婚姻中に限り」の解釈として戻られた結果です。
8ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。