• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

夜ふけのなわとび 第1688回 林真理子「美食と恋と」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夜ふけのなわとび 第1688回 林真理子「美食と恋と」

2021-03-04 05:00
     総務省のえらい人が、東北新社から接待を受けていた。その中の一人の飲食代が、七万円を越えていたというので大変な騒ぎとなっている。
    「七万円なんてどこへいったんやろね」
     と辻元清美さんが言い、世間もびっくりしている。
     私も驚いた、というとウソになるかも。ステーキ店や河豚屋でそのくらい支払った経験があるからだ。しかし最近のレストランガイドブックを眺めているうち、ひぇーっと叫んでいた。人気のお鮨屋や和食屋は、三万か四万円からがあたり前。昔、一人二万五千円ぐらいだったと記憶している某和食屋は、一人七万円とあった。十二万円と堂々と記してあるところもあり、これにはたまげた。
     その点高いワインを頼まなければ、フレンチやイタリアンは比較的リーズナブルである。法外な価格設定はしていない。お鮨屋と和食屋がすごいことになっている。魚の値段が高騰しているのだろうか。それともマグロの値を誰かが釣り上げているのか。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2021-04-16 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。