• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

ポップス歌手の耐えられない軽さ 第58回 桑田佳祐「そうだ、京都へ行こう」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポップス歌手の耐えられない軽さ 第58回 桑田佳祐「そうだ、京都へ行こう」

2021-03-04 05:00
     気兼ねなくあちこちへ出かけられるご時世になったら、真っ先に行きたいところって、あなたなら何処?
     アタシはね、一も二もなくズバリ、京都だね!! あゝ雅(みやび)ニッポンの心、京都。古きゆかしきエキゾチックが呼んでいる浪漫(ロマン)の都。行きたいよ~!!
     世界中の人をトリコにしてきたあの風情に、アタシもすっかりやられてしまったクチである。毎年一度は訪れて、フラフラと散策したり、お茶屋さんなどで遊ばせて頂いたものだ。
     京都の魅力って、一体何なんだろうね? 人それぞれあるだろうけど、アタシからするとやっぱり、街中に「異界へと繋がる隠し扉」のような趣きがあって、我々をタイム・トラベルへと誘(いざな)ってくれるところ、かな。
     そう、ここはまさに「千年の都」であり、過去から未来へ続く、日本人の魂の巡礼地(メッカ)なのである。
     精霊を敬(うやま)い伝統と共に生きる京都の人々。何気ない街角にも、いちいち控えめな艶のようなモノがある。
     小路の先を芸妓さんが横切ったり、はたまた『榊マリコさん』が通りかかったり……。
     あ、榊マリコさんって、皆さんご存知かな? テレビ・ドラマ『科捜研の女』で、あの沢口靖子さんが演じる主人公のお名前ね!! マリコさんは、京都府警科学捜査研究所の法医研究員。どんな難事件も、科学的見地から解決へと導いてしまう「凜」としたお姿に、アタシの心はメロメロのドキドキである。
     そう、アタクシ何を隠そう、彼女が東宝シンデレラに選ばれ、NHK連続テレビ小説『澪つくし』でヒロインを演じられた頃から、大の沢口靖子様ファンなのだ!!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2021-04-16 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。