• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

〈森友事件〉俊夫さん自殺から3年 赤木雅子さん「慟哭日記」初公開 「会いたいよ」「助けてあげられなくてゴメン」(大阪日日新聞記者・相澤冬樹)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

〈森友事件〉俊夫さん自殺から3年 赤木雅子さん「慟哭日記」初公開 「会いたいよ」「助けてあげられなくてゴメン」(大阪日日新聞記者・相澤冬樹)

2021-03-04 05:00
  • 4
二〇一八年三月七日。近畿財務局職員だった赤木俊夫さんが、公文書改ざんの強制を苦に死を選んだ。あれから三年。妻・雅子さんが夫への募る愛慕と深まる哀惜、そして底知れぬ絶望の日々を綴った日記を初めて公開する。あの悲劇を決して風化させてはならない――。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2021-04-16 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
もうすぐ雅子さんの誕生日。
50歳という節目の日、赤木ファイルについて国側がどのような態度をとるか刮目して見よう❗️
1ヶ月前
×
もうすぐ雅子さんの誕生日。
50歳という節目の日、赤木ファイルについて国側がどのような態度をとるか刮目して見よう❗️
1ヶ月前
×
赤木さんの自殺はお気の毒だが、書き換えの強制を苦に自殺をしたと断定できるのだろうか。今回のような場合、その死の原因については色んな立場からの言い分があるだろうし、本人が本当に何を考えていたのかなど断定できるのだろうか。

[安倍晋三首相(当時)が「取引に私や妻が関係していたら総理大臣も国会議員も辞める」と国会で大見得を切ったが、文書に妻・安倍昭恵さんの名前が何カ所もあったから、すべて書き換えて消した。] と記事にあるが、その後に出た財務省の文書に何度も安倍昭恵さんの名前は出てくる。結果的に全然消えていない。しかも内容的には取引とか値引きとかには何にも関係のない世間話的なものだ。要するに、この相沢冬樹という輩と文春はしつこく、また安倍さんの名前を出して徹底的に貶める作業をしているという事だ。左翼の常套手段であり、終わった事を何時までも野党と一緒になって進めているだけなのだろう。嘘だけは言うなよ。

あの森友の8億円の値引きは、関西航空局の出した値引き額をそのまま引用しただけだし、財務局の文書を書き換えさせたのは佐川で、安倍さんは何の関係もない。むしろ辻元が関わった野田中央公園の14億の値引きの方が問題だろう。しかし、関西生コンと辻元の黒い関係についてはこの相沢はむしろ隠しているのではないか。共産党も同罪だろう。加計学園は今回のコロナ禍などで非常に役立っているのではないか。あれは文科省と獣医学会の既得権益同士の悪しき馴れ合いを壊すもので、むしろ褒められてしかるべきであろう。桜の会は安倍さんの謝罪で終わった。費用の補填で自分が利益を受けたものではないし、背後に黒いものもない。しかも、他の立憲の黒岩などもバスイベントで費用補填をしている。皆、結構やっているし頬っかむり、知らんふりをしているだけだ。文春の記者などそんな例をたくさん知っているだろう。

本当に政治家とか官僚の金の問題、政治資金、倫理などの規制をしたいのなら法を変えろ、もっと厳格化をしろと記事で書くべきではないのか。色々スキャンダルがあった方が雑誌は売れるという事か。まあ、「角を矯めて牛を殺す」馬鹿もいるし、「水清ければ不魚住」とも言うのだよ。それが現実。
1ヶ月前
×
ご夫婦の愛の深さに改めて胸が痛みました。こんなに奥さんに思われる赤木さんは良い人柄の人だったのだろう。軽はずみなアッキーなどの犠牲になられ痛ましい。
心無いコメントをする人も、多分感情を揺さぶられた結果文春への怒りへと向かったのだろう。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。