• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

回収要求された小誌だから書ける 橋本聖子〈五輪組織委〉のウソを暴く 「内部告発」5連発
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

回収要求された小誌だから書ける 橋本聖子〈五輪組織委〉のウソを暴く 「内部告発」5連発

2021-04-08 05:00
  • 2
開会式の演出案などを報じた小誌先週号に対し、橋本会長率いる五輪組織委員会が取った対応は「雑誌の発売中止及び回収」の要求という異常なものだった。だが、「組織委の隠蔽体質はもう看過できない」。憤る職員や関係者から、続々と内部告発が寄せられた――。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2021-04-16 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
高橋大輔、浅田真央などへのセクハラ行為から、およそ「他者尊重」という最低限の人権意識のない人だと分かってはいたが。橋本さん、名アスリートとして生涯を終えて欲しかった。今は、「森前会長の負の遺産をすべて受け継いだ娘」という最悪イメージしかない。

MIKIKO氏の一連の報道も恐らく組織委からの内部告発だろうと想像していた(MIKIKO氏自身は、今後の電通との関係があるのでそこまで踏み込めないはず)が、これほど内部告発が多いとは。まだ日本人に良心が残っていたのだなと思う。橋本さん、内部通報者探しはいい加減にして、五輪の幕引きのほうをきっちりやってせめてもの有終の美を飾ってください。
1週間前
×
文春の告発の目的は組織委への抗議なのか、あるいはオリンピックそのものへなのか、あるいは両方か分からないがいずれにしろここまで来たらもう止められないのは文春も分かっているだろう。森氏の言葉が女性差別だとは私は思わないし、渡辺氏への企画が侮蔑的だともいえないと思う。この点についてはかなりの決めつけで危険だと思う。渡辺氏の問題は企画段階で内部で修正されていたものをわざわざ出し、非難の材料にするのはかなり意図や悪意がある。

IOCなどはっきり言ってとんでもない組織なのだと思う。平和の祭典が聞いて呆れるのは私も同じだ。70以上の副反応があり、有効率も50%以下(ワクチンとは言えない)だと言われている中共ワクチンを全選手に投与すると発表するなど、いかに中共と癒着しているかの証拠だ。また、MIKIKO氏の案がIOCから絶賛されているとの文春の記事があるが、実はそうではないとこの記事では書いてある。推測するにIOCがJOCにMIKIKO氏の案では駄目だとクレームを付けたのが真実なのではないか。箸の上げ下げまで細かく日本の組織委はコントロールされているのが実態だと思える。

IOCの委員は貴族みたいに最高級ホテル、食事、運転手付き車、ファーストクラスのエアーを要求してくる。まるでギャングの親玉だ。開催中はその仲間もご招待だ。また、国内のスポーツ団体も一筋縄ではいかないと聞く。興行や営業の利権が絡んだ既得権の集合体だ。まるで魑魅魍魎の金の絡んだ欲得の争いの部分もある。そんな事、駆け出しの記者でなければ文春だって分かっている筈。だからこそ、森元会長のような怪物が適任だったのだよ。

文春があることない事書くことは問題ないと思う。ただ、一般受けを狙って綺麗事を表面的に書く手法はもうやめた方が良い。何故ならそれでは本質的な問題が一切解決されないからだ。綺麗なものには棘があり、毒もあるのだ。オリンピックが綺麗事ではない事に知らない振りをしているのは左翼とマスコミだけだろう。何故中共が死に物狂いでオリンピックを目指すのか、それはそれなりに世界に国威を示せるからだろう。だから日本もしたたかにここまで来たらそれをやればいい。外国から観光客は来なくても、ゲームは世界に全て発信されるのだ。

幼稚な日本のマスコミ、文春でもそれくらいは理解できるとは思うのだがどうだろうか。池江の必死の泳ぎを見て感動しなかった人はいない筈だ。あれがスポーツだ、あれが感動なのだよ。こんな最初から小池が味噌を付けた、なんか呪われたようなオリンピックだけどここまで来たら頑張れと応援するのも大人のマスコミの態度ではないのか。文春、そう思わないか。何かディスカウントジャパンをやっている韓国や中共の回し者でもあるまいに。



6日前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。