• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

議員パスを不正使用して逢瀬に 山尾志桜里 不倫弁護士の前妻が自殺していた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

議員パスを不正使用して逢瀬に 山尾志桜里 不倫弁護士の前妻が自殺していた

2021-04-28 05:00
  • 6
今もワインを手に倉持弁護士の自宅を訪ね深夜まで過ごす山尾議員。だが、子どもの親権を奪われ、離婚した妻は昨年、自ら命を絶っていた。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2021-06-11 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
うえ〜。議員パス問題とダブル不倫相手の奥さんの自殺とありますが、後者のほうが酷い話ですね。
本来なら、奥さんの病気を理由に離婚することは認められないし、まして倉持弁護士の側の不貞行為があるのに、夫が弁護士だと弱っている奥さんを追い詰めるような言い方をして離婚を認めさせたのだろうか。しかも親権まで。
弁護士を夫に持つって怖いですね。
お子さんは、やっと歩き始めた頃両親の離婚でお母さんと生き別れ、幼稚園の年頃にお母さんが自殺。いずれネットに当たれば真相を知る時が来る。なんとむごいことを。
男女両方とも鬼畜ですね。

追記ですが冒頭の「自宅から持ってきたゴミ袋をコンビニのゴミ箱に入れ」というところに引っかかりました。常習的にやってるんでしょうか。
1ヶ月前
×
とにかくゲスだよね。生々しくてさ、政治の話とかしてほしくないね
1ヶ月前
userPhoto
yi
×
このニ人がやってることは、
本当は自分の名誉や欲望のために見えます。こんな人抱えて国民民主さん、イメージ低下ですね。
愛しあって結婚した妻をのちに冷酷に法律でバッサリ切り落とし自殺に追い込むなんて、その人間性を疑いたくなる。
1ヶ月前
×
以前山尾が再選されたとき選挙民の常識を疑ったけど、そのあともこの人は反省の色も見せずにこのありさま、国民民主は
党としてもあり得ないね。
1ヶ月前
×
>男は自宅から持ち出したビニール袋を近くのコンビニのゴミ箱に捨てると、
実に横着。日常的な行動なんでしょう。
>自宅兼事務所から姿を見せた倉持氏の隣に寄り添うのは、一人の女性。ところが、山尾氏ではない。前髪を短く切り揃えた夏目三久似の女性だ。
この記事のお陰で今頃大喧嘩していたりして・・・
今後、国民民主は厳しいですね。玉木ちゃん人を見る目がないんだなあああ。残念だ。
1ヶ月前
×
 米中の対立が激しさを増しているが、中共は現在日本への工作を活発化させている。先日、中国共産党のスパイが書類送検されたが、これは5年前の事件である。もう一人学生も摘発されていた。しかし彼らは既に出国していた。何とも間抜けな話だが、このような中国共産党のスパイは5万人いると言われており、周辺の人数を入れるとその四五倍(20万人以上)はいると言われている。そのスパイが現在日本社会の隅々で活発に暗躍している。

日本での反中共の運動を兎に角、抑えたいのは言うまでもない。例えば、外国人の土地購入規制法案が公明党の反対で骨抜きにされたが、公明党の中でも積極的に賛成だった遠山議員が銀座での会食を指され辞職に追い込まれた。そして、今回の山尾志桜里議員のせこい文春の記事である。山尾議員のやった事は、ガソリン券事件、「日本死ね」発言、不倫と言い私も快くは思っていない。しかし最近の山尾議員の活動は「ウイグルの人権問題」に力を入れており、その主要な役割を担っていた。

山尾議員の議員交通パスの不正使用や他の材料など文春は前から知っていたのではないか。それを何時出すか時期を狙っていたのではないか。今こそ中共にとっては絶好のタイミングである。とすると、私がいつも言うように文春は中共の手先かも知れないと言う観測はあながち外れでもあるまい。大衆受けするせこいスキャンダルが世間の顰蹙を買うのは間違いないのだ。文春はどのくらい議員のダークな部分を握っているのだろう。

今後も政権内部の事や原発の処理水問題、尖閣、台湾、ワクチン、オリンピック、自衛隊の問題などドンピシャのタイミングで中共の都合の良い様なスキャンダルを文春は出してくるだろうと思う。全く関係ない様でも全て中共の有利に動くような、日本が弱体化するような問題を仕掛け、突いてくるような気がする。中共の工作のち密さと、いやらしさ、そして文春内部に蠢く売国者たちの狡猾さに身震いする思いだ。どれくらい中共のハ二トラに引っかかった記者、政治家がいるのだろうか。どの位、金に綺麗な議員がいるのだろうか。悪を暴く記事が社会、政界の浄化に繋がる事を望みたい。

相手の隙をつく、しかしそれが現実の国際政治なのだ。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。