• このエントリーをはてなブックマークに追加
ツチヤの口車 第1204回 土屋賢二「奇跡の能力」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ツチヤの口車 第1204回 土屋賢二「奇跡の能力」

2021-07-29 05:00
     自分の価値を認めてもらうのは難しい。とくに自分に価値がない場合には。
     まわりに価値を認めてもらおうとして自慢すると、たいてい失敗する。自慢話をするたびに嫌われ、軽蔑されてしまう。価値を上げるはずの行為によって価値を下げているのだ。
     わたしは違う。卑屈と言えるほど謙虚だ。それなのに評価が上がる気配がない。業を煮やして「おれは謙虚だ」と叫べば叫ぶほど評価は下がる一方だ。
     心配なのは、自慢のタネが尽きることだ。だが最近、タネは無尽蔵だと気づいた。
     たとえば、日本に来た外国人が日本の電車の発着の正確さに驚くと、「ずさんな外国とは違うんだ。日本人は万事にキチンとしているんだ」と、万事にだらしない遅刻の常習者が自慢する。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2021-09-22 05:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。