• このエントリーをはてなブックマークに追加
THIS WEEK【社会】感動の涙対策でハンカチを用意 雅子さまと愛子さまの東京五輪
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THIS WEEK【社会】感動の涙対策でハンカチを用意 雅子さまと愛子さまの東京五輪

2021-07-29 05:00
  • 1
「頑張れ! 頑張れ!」
 七月二十四日、赤坂御所の五輪マスコットのぬいぐるみが置かれた部屋に、天皇ご一家の声援が響いた。愛子内親王殿下は右手を強く握られて、東京五輪・競泳の女子四百mリレー予選を応援なさったという。
 結果は残念ながら九位で予選敗退。チームの池江璃花子選手は白血病を乗り切っての出場だった。愛子さまは池江選手と同年代ということもあり、池江選手の“努力は報われる”という前向きな生き方に親近感をお持ちだとも言われる。
 開会式には出席されなかった雅子皇后陛下だが、五輪はご一家で観戦されている。感動で涙が出てきてしまうため、すぐ拭えるよう、いつも膝にハンカチを置いていらっしゃるという。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2021-09-17 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
なんでこういうプライベートな情報を反日売国メディアに流すのか。友納尚子氏はかつて雅子皇太子妃殿下がご病気で悩まれていた頃はバッシング報道に対して雅子皇太子妃殿下を守るような情報を流していたと思うが、それは単に自分の記事や本を出すための方便だったのか? 文藝春秋社が保守から反日売国左翼に変わったのについていっただけと言い訳するのか?
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。