• このエントリーをはてなブックマークに追加
伊集院静の「悩むが花」第487回「人間がやってきたことなんぞたいしたものはありません」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

伊集院静の「悩むが花」第487回「人間がやってきたことなんぞたいしたものはありません」

2021-08-05 05:00
    Q 親しい同僚女性は一人娘で両親に大切に育てられており、片親の私は羨ましいし、微笑ましく感じています。しかし、彼女の両親の過剰な気遣いに違和感を覚えずにはいられません。三十歳を過ぎた娘が休日にお茶をしている最中に「今は無事か」と携帯に電話をかけてきたり、かすり傷程度の怪我でも病院に付き添ったり、天候の悪い時は会社まで自家用車で迎えに来ます。彼女に「将来一人で生きていくためにも自立は必要だ」と促すべきでしょうか。それともいくつになろうと親から気遣われるのは尊いことなのでしょうか。(32歳・女・会社員) 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2021-09-24 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。