• このエントリーをはてなブックマークに追加
小室圭さん NY就活先に送った「虚偽経歴書」 「眞子さまの婚約者」と添え書き
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

小室圭さん NY就活先に送った「虚偽経歴書」 「眞子さまの婚約者」と添え書き

2021-09-16 05:00
  • 3
〈10月にも婚姻届〉と報じられ、急速に進展する眞子さまと小室さんの結婚。今後のお二人の暮らしはどうなるのか。NY就職活動の内実を取材すると、経歴粉飾疑惑に大物日系人の存在など、知られざる事実が次々と……。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2021-10-22 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント コメントを書く

文春さん、よくぞここまで調べてくれました。グッジョブですね〜♪( ´θ`)ノ
一時期は「国際機関に就職内定!」ということだったけど、あれは飛ばしだったんですね。これほど涙ぐましい就活をしていたとは。
就活レジメの粉飾なんて、ここまで規範意識も遵法精神もないのが明らかになったとなると、法律事務所への就職は難しそう。
残るは、ヘンリー&メーガン流の過去切り売りセレブ(とは言っても知名度がイマイチなので一回りサイズダウン)か、
それでも食っていけなくなったら怪しげな健康食品の広告塔か、
ぐらいかと思います!
どちらも楽しみ。
セレブになって皇室の闇暴露も大歓迎ですよ。特に秋篠宮家のは。

No.1 1ヶ月前

就職活動で提出した経歴書等の個人情報は、社外秘なはずでは? そういう個人情報を週刊誌に流出させたのは、違法ではないのですか? 

No.2 1ヶ月前

 歴史と伝統、しきたりの上に成り立つ日本独特の文化に、近代の自由、民主、人権等の西欧の価値基準や合理主義を重ね合わせると所謂日本文化というものがが完全に壊され崩壊する。秋篠宮家の問題はこれだけではなく妹君の乱もこれからあるのだろうと思う。もっと言えば愛子内親王殿下においても今後何が起こるか、今の宮内庁の体たらくでは分からないというものだ。

要するに皇室の上っ面だけを見ると、こんな出来事で国民は右往左往する事になる。日本人が知るべき、理解すべきは2681年続いた皇室の歴史、伝統の重み、価値、そしてその風土に生きてきた日本人が育くんだものはそんな事ではないという事だ。それしか見ない、見えない、見る力のない国民では如何にそれが愚かな事とは分からずに自分でそれを捨ててしまうのだろう。こんなスキャンダルな出来事はこれからも起こるだろうが、それによって皇室の見えない価値が毀損する事は無いのだが、それをそう理解する人は少ない。

ただ一つ小室圭が教えてくれたことは、宮様であろうと、深窓のお嬢様であろうとたぶらかそうと言う意思のある詐欺師にかかるといとも簡単に落ちるという事であろう。つまり女性宮家など噴飯ものだという事である。この制度の最悪を想定すれば未来の天皇陛下の義理の兄が詐欺師まがいの男という事になる可能性もあるのだ。勿論男性皇族が引っかかる事もあり得るが少なくとも男女の属性から言えば、あそこまで頑なに、一途に思いを寄せる事はあり得ないのではないか。

将来的にうまくいって欲しいが、現実的にはそれはあり得ないと思える。常に実力以上の生活を夢見、上辺だけの借金生活を送って来た小室親子にとってこんな上等なカモはいなかっただろう。今後はそれに群がるあらゆる方面の有象無象に翻弄されるかもしれないし、それが表面上の保護膜を無情にもはぎ取って行くだろう。結婚などそんな甘いものではない。やがて子供も生まれるだろうし、お互いの体など3か月もすれば見慣れ飽きてくるものだ。若者の恋愛など殆ど肉体が引き合っているとしか思えない。小室家の財力では真子内親王殿下の日常生活を想像するのは難しく全てが現実的ではない。

それよりなにより経済的に成り立つのか、1億5千万円はいらないが2千万円は欲しいと言う身勝手さは金銭感覚の欠如を如実に表している。むしろ1億5千万円を差し上げて今後一切かかわらないと言う方が国民にとって安上がりなのではないかと思う。若者の暴走を止められなかった愚かな秋篠宮家、そして宮内庁。これを他山の石として学ぶことだけが今後の救いなのだろう。私の心配が下衆の勘繰りで杞憂であることを望むだけだ。

No.3 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。