• このエントリーをはてなブックマークに追加
眞子さま・小室さん結婚で始まる「愛子さまが天皇になる日」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

眞子さま・小室さん結婚で始まる「愛子さまが天皇になる日」

2021-10-21 05:00
  • 3
眞子さまと小室さんの結婚は、令和皇室の苦悩を浮き彫りにした。悠仁さまだけが残され、そのもとに男子が誕生するのを祈るほかないのか。皇位継承者の選択肢を増やし、皇族方の重荷を少しでも取り除くための方策は……。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2021-12-03 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント コメントを書く

要するに極右を支持母体とする安倍政権の不作為ですね。

英国人もわが国の皇統が途絶えることを心配していると言いますが、諸外国ではとっくに改正された皇位継承策にいまだに手をつけられない有様にこの国の劣化を感じます。

国民的人気の高い王女に王位継承権が移ったのは海外にも例があります。

岸田さんは「女系天皇反対」と言ったが、女性天皇にまで反対ではないのでは。

No.1 1ヶ月前

先頃からコメント投稿者にID番号が付くようになった。何か言論への無言の圧力というか検閲の匂いを感じる。この番号は何か意味があるのか。河野太郎の反論ブロックと言い、ビックテックの言論規制と言い、嫌な感じがする。(悪代官)杉尾と(ひょっとこ)小西がDAPPIに対し訴訟を起こしその個人情報を手に入れたようだ。この情報は他人に対し開示してはならないものなのに、(スターリン)有田がそれをツイッター上で詳細にばらしている。立憲民主党の議員は変態と不倫と相俟って完全に壊れているようだ。しかし、壊れているだけでは済まないのだ。

極左のマスコミに支配された立ち位置にいる者にとっては、安倍さんが極右に見えるのかもしれないが、世界を見渡してその座標は正しいのか考えてみる方が良い。TV、新聞、雑誌等のマスコミの極左的思考は既に沙汰の限りである。何度も指摘しているが、地上波でコメンテーターを見ても全て極左的思考の持ち主である。NHKを始めNTV,TBS,TV朝日、FUJIなど全て極左の言論人で占められている。余程自分の意見が論破されるのを恐れているのだろう。産経新聞や保守系雑誌はあるがその雑誌への筆者が地上波TVで見る事は殆どない。ただ、NETは自由な言論空間である。だからNETでも言論統制を仕掛けて来たのではないかと勘繰ったりする。

いま、尖閣で、台湾で中共の圧力は日に日に増している。北朝鮮はミサイルを飛ばして日本を脅しており、2000基以上の中共ミサイルは今も日本を狙っている。ロシアと中共の艦隊は津軽海峡を初めて通過した。この危機的状況の中で選択的夫婦別姓、ジェンダー問題が喫緊の課題なのか。結婚、家族を崩壊させる為、夫婦別姓を推進すると田嶋や福島は言っている。夫婦が別姓なのは好きにすればいいが、子供はどうするのだ。どっちにするか両家で揉めないか。別に別姓にしたけりゃ結婚などしなければいいではないか。福島瑞穂はそうしているだろ。最近別姓にしたスエーデンでは離婚や、非行が激増していると竹内久美子氏は言っている。この制度の含んでいる悪意を軽く見ない方が良い。

皇室の伝統を壊そうと女性天皇(女系というのはない)を進める輩がいるが、夫婦別姓、ジェンダーなどを進める人達と同じである。つまり、中共や韓国に媚び、日本を彼らの属国化にさせようとする勢力に見えてならない。しかし、文春もニコ動もここまでやるか。いくらIDを出してもそんなものを恐れて言いたいことを制限するほどやわではない。むしろやる気が出てくるというものだ。



No.2 1ヶ月前

今までさんざん眞子さまを攻撃して貶めてきた週刊文春が、一区切りついたとばかりに方針転換して今度は女性天皇と女性宮家推進を最優先に切り替えた。眞子さま結婚騒動は女系天皇・女性天皇・女性宮家推進派にとって諸刃の剣(配偶者から来る危険性)だったから、皇族の一員である秋篠宮家や眞子さまに徹底的なダメージを与えて一区切りが付いたから国民には男性配偶者の危険性は早く忘れてもらって、今後は女系天皇・女性天皇・女性宮家による日本の皇統断絶を目指すのだろう。
昔々から、皇室や天皇陛下を自分が利用できる道具としか思っていない人々は簡単に「天皇のご意思」とか「天皇のお言葉」とかを作って利用した。皇室や天皇陛下を尊敬する人達は公表されたお言葉以外に天皇陛下のご意志などと軽々しく言わない。週刊文春はこの記事でも平気で天皇のご意志・お言葉とかを並べたてているが公表されていないそんなものは週刊文春による「天皇の政治利用」以外の何物でもない。週刊文春は宮内庁長官が職務として行った天皇陛下のご意志の表明(形式上は長官の忖度による見解)は徹底的に批判するくせに自分は平気で勝手な解釈をあたかも事実であるかのように言う。さらに言えば今は今の皇室の家長である現天皇陛下のご意志が重要だがそれには一言も触れない。都合が悪いからだ。
終始一貫皇統・皇室を守ってきた安倍氏は立派だが、皇統断絶を企む左翼の眞子さま批判に乗せられてきた一部保守派もだらしがない。自由も尊厳も保てない(護ってもらえない)皇族を離れたい、護ってくれるのは小室圭さんだけという眞子さまに石を投げつけ追い詰めた。
過去、昭和天皇は終戦直後「朕はタラフク食ってる、ナンジ人民飢えて死ね」と中傷され、美智子さまは様々な週刊誌虚偽報道などで失声症やストレス過多になられ、雅子さまも週刊誌報道や男子出産圧力で適応障害に苦しまれ、その影響や週刊誌報道などで愛子さまは不登校になられ徳仁皇太子殿下(当時)もストレスで深酒になられた。週刊誌は今は知らん顔で中傷・虚偽報道などなかったような顔をしているが。眞子さまもご存じのとおり散々週刊誌に攻撃されたあげく、今後はそんなこと(週刊誌による攻撃)はなかったことにされるのだろう。この記事はそのはしりだ。

No.6 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。