• このエントリーをはてなブックマークに追加
THIS WEEK【社会】共同通信若手記者が連続退職 部長が出した“非常事態宣言”
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THIS WEEK【社会】共同通信若手記者が連続退職 部長が出した“非常事態宣言”

2021-11-25 05:00
     国内最大の通信社、共同通信で〈非常事態〉が起きている――。
     舞台は、同社の国際局海外部。政治部や社会部などの「一般記者」とは異なる「英文記者」ら約六十名が所属している。海外大学出身者や帰国子女の記者も多い部署だ。
    「海外部の記者は独自に政治、経済などを取材して外国語で記事を執筆しています。通常の日本語記事の翻訳も行っている。海外部が配信する英文ニュースは世界の主要メディアが『共同によると』と引用するなど、大きな影響力を持っています」(共同関係者)
     その海外部のトップ、海外部長が〈部長連絡 ●重要●〉と題したメールを部員や関係者らに一斉送信したのは、十一月十五日のことだった。〈また一つ、残念なお知らせ〉として報告されたのは、海外部に籍を置くエース級の官邸担当記者の退職。問題のメールは以下のように続く。
    〈相次ぐ若手の退社であり、組織としては非常に大きな痛手です。特に深刻なのは、その他の要因で記者のポジションにある方々ばかり、6名の欠員が生じているか今後生じるため、欠員の合計が7名に達してしまうことです〉 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2022-05-27 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。