• このエントリーをはてなブックマークに追加
春日太一の木曜邦画劇場 第464回「脇の役柄まで豪華に配役。スターを愉しめる忠臣蔵」『赤穂浪士』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

春日太一の木曜邦画劇場 第464回「脇の役柄まで豪華に配役。スターを愉しめる忠臣蔵」『赤穂浪士』

2021-12-09 05:00
     前回も述べたように、「忠臣蔵」が長年にわたって愛されてきた大きな魅力の一つとして、「オールスター作品」に適しているという点が挙げられる。十二月十日発売の新刊『忠臣蔵入門 映像で読み解く物語の魅力』(角川新書)でも、現時点で全長版を確認できるオールスター「忠臣蔵」映画は全て解説している。
     ただ、時おり見受けがちなのが、「四十七人もスターを集めないといけない」=「四十七士の全てにスターを配する必要がある」という誤解だ。
     だが実は堀部安兵衛などの数名を除き、四十七士にスターが配されることは少ない。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2022-01-14 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。