• このエントリーをはてなブックマークに追加
森友遺族が悲嘆するドラマ「新聞記者」の悪質改ざん【告発レポート】〈小泉今日子は出演辞退〉
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

森友遺族が悲嘆するドラマ「新聞記者」の悪質改ざん【告発レポート】〈小泉今日子は出演辞退〉

2022-01-27 05:00
  • 2
米倉涼子主演でネットフリックスが配信したドラマ。公文書改ざんを命じられた官僚が自殺した事件を描く。森友事件の遺族・赤木雅子さんにドラマ化を持ちかけたのは東京新聞の望月衣塑子記者。写真も借りていった。しかし、制作陣は「全部フィクション」と言い始め、望月氏も連絡を絶ち──。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:2022-05-13 18:00
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント コメントを書く

資料を借りたまま貸主の取材対象からの連絡に応じず、返却しない。そして取材もしない。これが本当なら望月記者、最低。東京新聞はなんと回答するだろうか。

No.1 3ヶ月前

望月さんも川村さんもジャーナリストなんだから、世に出して名誉欲などをとりたい気持ちもあるが、ある程度のモラルは
持ち合わせていると思いたいです。
赤木さん側だけの不満はわかるけど、望月さん側のなぜこうなったかの言い訳文も読みたいです。ドラマは実話だけでは
面白くないという作り手側の常識も分かりますが、それには赤木さんの同意が絶対的な条件かと思います。
多分赤木さんはこれに関しての金銭的解決は望まなかったはずですから、本当は世に出てはいけない作品ではなかったのでしょうか?望月さんに正当性はあったのか、その辺りを聴きたいです。

No.2 3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。