• このエントリーをはてなブックマークに追加
町山智浩の言霊USA 第624回「Lie back and enjoy it.(あきらめてそれを楽しみなさい)by ロバート・レーガン」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

町山智浩の言霊USA 第624回「Lie back and enjoy it.(あきらめてそれを楽しみなさい)by ロバート・レーガン」

2022-05-19 05:00
     アメリカで人工中絶の権利が消えようとしている。
     5月2日、連邦最高裁判所のサミュエル・アリート判事の意見書の草案が流出した。これは6月に判決が出るはずだった、ミシシッピ州の妊娠15週目以降の中絶を禁止する州法の憲法判断についてのもの。
     これで全米が揺れている。なぜかというと……。
     かつて、アメリカの多くの州で中絶は犯罪とされていた。しかし1973年、連邦最高裁が「中絶の権利は憲法が保障する女性の権利である」と認め、やっと全米で合法化された。それ以来、中絶は神に背く罪だと信じるキリスト教保守(福音派とカトリック)が再び中絶を禁止してくれる保守的な最高裁判事を求めてきた。
     最高裁判事を任命できるのは大統領だけ。1980年の大統領選挙で共和党のロナルド・レーガン候補が福音派に保守的判事の任命を約束し、彼らの票を集めて当選。以来42年間、共和党はキリスト教保守の票目当てで、中絶の再禁止を党是に掲げてきた。
     最高裁の評決は9人の判事の多数決で決まる。ドナルド・トランプ前大統領は4年の任期中に3人もの保守派判事を任命し、最高裁判事9人中、共和党任命の保守派が6人、民主党任命のリベラルが3人と差をつけた。中絶の再禁止は確実になった。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2022-06-24 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。