• このエントリーをはてなブックマークに追加
THIS WEEK【社会】職場復帰に「お引取りを」 最高裁をも恐れぬ神社本庁
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THIS WEEK【社会】職場復帰に「お引取りを」 最高裁をも恐れぬ神社本庁

2022-05-19 05:00
     内部告発を理由に懲戒解雇されたのは不当だとして、「神社本庁」元総合研究部長の稲貴夫(いなたかお)氏(62)が処分無効を訴えていた裁判。最高裁は四月二十一日、神社本庁側の上告を退けた。
    「稲氏は一六年十二月、神社本庁が不動産を不当に安く売却していたことは背任行為にあたるなどとする文書を配布。これに対し、神社本庁は一七年八月、稲氏を懲戒解雇した。そこから四年半にわたり裁判が続きましたが、先日、判決が確定し、晴れて稲氏の“職場復帰”が決まったというわけです」(神社本庁関係者)
     判決確定から四日後の四月二十五日朝九時前、代々木にある神社本庁事務所に出勤したのだが――。
     待ち構えていた神社本庁の代理人弁護士から、立ち入りを拒まれてしまう。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2022-06-24 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。