• このエントリーをはてなブックマークに追加
春日太一の木曜邦画劇場 第488回「ヤクザ映画の強面俳優陣の躍動はポルノ時代劇と思えぬ贅沢さだ!」『くの一忍法 観音開き』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

春日太一の木曜邦画劇場 第488回「ヤクザ映画の強面俳優陣の躍動はポルノ時代劇と思えぬ贅沢さだ!」『くの一忍法 観音開き』

2022-06-09 05:00
     講演や取材で地方に出張する機会が多い。枕が変わると眠りにくくなるのだが、最近は気にならなくなった。
     というのも、大抵のビジネスホテルはWi-Fiが繋がっているため、眠くなるまで動画をいろいろと観ながら時間を潰すことができるからだ。幸い、折に触れて本連載で述べているように、珍しい映画も次々と配信されており、そうした際の選択肢には事欠かない。あまり観たことのない作品を気分に任せて選んでいくと、殺風景な部屋にあってもオールナイト上映の劇場にいるような気がしてきて楽しい。
     今回取り上げる『くの一忍法 観音開き』も、つい最近の出張の際に配信で観た。甲賀の取材をしていたため、それならせっかくなので忍者映画を――と思い立ったのだ。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2022-08-05 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。