• このエントリーをはてなブックマークに追加
いまなんつった? 第687回 宮藤官九郎「監督の人柄もあってか」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

いまなんつった? 第687回 宮藤官九郎「監督の人柄もあってか」

2022-06-09 05:00
     以前この連載で「子役の男の子が、監督(僕)の顔を見るだけで泣いちゃう癖がついてしまい、撮影が大変だった」というエピソードを紹介しました。
    「よーい!」と叫ぶと条件反射で「わーん」と泣いちゃうのでNGになる。最終的に遠隔操作で助監督さんに撮ってもらうしかなかった。昨今の、監督によるパワハラが問題視されている現状を踏まえて「あの子どうしてるだろう。もう中学生だけど、俺の顔見たら泣くのかな」と結んだのですが、実は告発される前にゲロっておこうという姑息な考えもあり。
     先日、事務所宛に一通の手紙が届いた。
    「宮藤監督、お久しぶりです。2歳の時に『中学生円山』で下井大吉役として出演させて頂きました」
     あの子じゃん!!!
    「週刊文春で僕のことを書いてくれてありがとうございます」 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2022-09-30 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。