• このエントリーをはてなブックマークに追加
「75歳の壁」を超える《耳》
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「75歳の壁」を超える《耳》

2022-06-23 05:00
    ●「子どもの声が…」難聴の兆候チェックリスト
    ●1人暮らしの耳の不安を救う30分の音読
    ●補聴器30万円超が安心 集音器がダメな理由

    「耳が聞こえにくくなった……」、これもまた年とともに増える悩みだ。七十~七十四歳の難聴有病率は男性が五〇%、女性が四一%だが、七十五歳以上になると男女ともに半数を超える。
     誰もが発症する症状だが、放置すると、日常生活に支障をきたすことはもちろん、認知症のリスクを高める。二〇二〇年、英医学誌「ランセット」に、認知症発症の十二のリスク要因のうち、難聴が最大であることが掲載された。メモリークリニックお茶の水の朝田隆院長が解説する。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2022-08-05 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。