• このエントリーをはてなブックマークに追加
伊集院静の「悩むが花」第543回「本当の商いというのは、国を相手に戦う覚悟がなきゃ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

伊集院静の「悩むが花」第543回「本当の商いというのは、国を相手に戦う覚悟がなきゃ」

2022-09-29 05:00
    Q 夜の商売を始めて三十二年。好きで始めた個人経営とはいえ連休などほとんど取れませんでした。それがこのコロナ禍で、国からお金を支給されての休業要請で自宅待機の日々でしたが、読書する時間などを持つことができ、人生で一番心が解放された時でもありました。いまは深夜の来客も減り、朝方までやっていた店も早仕舞いしています。仕入れの酒代もあがってきて、とても苦しい状況です。これから先の夜の街がどう変わっていくとお考えでしょうか。(60代・男・飲食店経営) 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2022-12-08 08:45
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。