• このエントリーをはてなブックマークに追加
THIS WEEK【国際】「習近平が消えた」政変説も… “10日失踪”騒動が起きた背景
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THIS WEEK【国際】「習近平が消えた」政変説も… “10日失踪”騒動が起きた背景

2022-10-06 05:00
     中国の習近平国家主席が先月、十日間にわたって「失踪」したのではないかと話題になった。その後、習氏は姿を見せたものの、異例の騒動は現在進行中の権力闘争を反映したものだとの評判だ。
     発端は、ウズベキスタンのサマルカンドで九月十六日まで行われた上海協力機構の首脳会議終了後、帰国したはずの習氏が一切、メディアや政府の行事から姿を消したことだった。ほかの指導者がそろった場にも習氏は現れず、SNSを中心にクーデター説が一気に広がり、ツイッターでは「#ChinaCoup(中国クーデター)」がトレンドにもなった。習氏が反発する軍区の司令官によって軟禁され、権力の座を追われた、というものだ。大量の軍車両が北京に向かって進行する出所不明の動画が拡散され、暗殺説まで飛び出した。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2022-12-08 08:45
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。