• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • THIS WEEK【国際】香港デモはリーダー不在で泥沼化 中国が頼る「あの大物スター」

    2019-08-21 05:00  
    「逃亡犯条例」改正案に端を発した香港のデモは約三カ月近くが経つが、一向に収まる気配はない。
     香港メディアの記者は、「一四年の民主化デモ『雨傘運動』との決定的な違いは、絶対的リーダーが不在のまま緩やかに連帯する〈アメーバ方式〉であることだ」と解説する。
     もっとも今回、中核を担う組織はいくつか存在する。
     その代表格は、民主派団体「民間人権陣線(民陣)」。最大規模となった二百万人(主催者発表)が参加した六月十六日のデモを呼びかけたのも、この団体だ。〇二年設立の同団体は、返還間もない頃から民主化を訴えてきた筋金入りの反共団体でもある。