• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • 春日太一の木曜邦画劇場 第342回「反体制の『正義』の矛盾をあぶりだした山本薩夫!」『天狗党』

    2019-06-20 05:00  

     高校時代の下校時によく立ち寄った高田馬場のレンタルビデオ店の話を少し前に紹介した。その店はこだわりのラインナップを取り揃えており、なかなかにマニアックな作品に出会うことができた。
     この店の日本映画のスペースは旧作も充実していたのだが、その中で独立したコーナーを設けられていた監督は、一人だけだった。それは黒澤明でも小津安二郎でもなく――なぜか、山本薩夫だった。
     作風は一貫して反体制。だからといって思想信条を前面に出すような作り方はしなかった。観客を楽しませることを第一とし、背景に批判精神を巧みに盛り込んだのだ。