「Relief」についてのあとがき
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「Relief」についてのあとがき

2018-12-08 20:06
    毎度おなじみ、あとがきを書く作曲家、俊月と申します。

    いやぁ私、あとがき大好きなんですよ。本の後ろについているあれ。
    本を読み終えた後の余韻に浸りながら、最後の文章を読む。
    物語が終わる名残惜しさと共に、作者からの言葉を受け止める時間。いいですよね。


    閑話休題。
    てなわけで以下動画と歌詞です。



    ↓以下歌詞↓

    救いの手を 縋り
    落ちた先は 地獄の業火

    その身 燃え朽ち果て
    懸けた希望 全て灰となる

    天仰ぐ Relief
    交わす言葉失くし 嘆くのみ
    残された魂 捕らわれてる

    誰も僕を 見てくれやしない
    皆僕の 存在ごと消す
    こんな世界 無くなればいい
    こんな世界 壊れてしまえ
    なんでどうして 孤独がつつむの
    なんでどうして 突き離されるの

    堕ちて流れ 行く先は絶望
    呑まれ埋まり
    最後に残るのはーーー

    天仰ぐ Relief
    交わす言葉失くし 嘆くのみ
    残された魂 捕らわれてる

    My Soul live in a stone.....

    ↑歌詞ここまで↑

    あとがき

    こちらの曲は、C93、18年春M3にて頒布した「L Recorder」内収録の曲です。
    この曲の制作にはかなり難航しまして(笑)
    メロディを書いては消し、書いては消しの繰り返しで、
    ようやく落ち着いた時にはすでに12月に入っていた覚えがあります。

    この曲のサビ後のCメロ部分。
    ここがある意味この曲のメインテーマであり、最後に詰めた部分でもあります。
    激情的な歌詞と突き刺さるメロディ、そして勢いに乗せて叫ぶような曲調を意識しました。
    レンくんなら歌いきれますが、男性が歌うには少々厳しい高さなんですよね…(笑)

    この曲は「残傷」が1つの参考曲になりました。
    あの楽曲のテーマが「悲しみ」ならば、こちらは「嘆き」です。
    感情を全て、ありのままを叩きつけてやる、と言わんばかりの曲です。
    私はこのような、悲しさを全開に振り切った楽曲、大好きです。作るのも、聴くのも。

    曲中、斬新な試みをいくつも取り入れています。
    拍子変更、転調etc…
    「L Recorder」は素直に作りましたが、
    「Relief」は私にとってかなり実験的な曲になっています。
    私は、曲を制作する際必ず、やったことのない要素を1つは入れるようにしているのですが、
    「Relief」に関してはそれが多すぎてしまって、まとめ上げるのに非常に苦労しました。

    この2曲の楽曲締め切り2日前に、高熱を出してぶっ倒れたのもいい思い出です。
    「L Recorder」と合わせて、2017年の締めくくりにふさわしい楽曲に(自分の中では)なったと思います。

    最後に、今回も協力してくださった、いぶきさん、gunさん、ゆかなっぽさん、ありがとうございました。

    さて、12月投稿第1弾はこの曲でしたが、
    第2弾となる来週投稿の新曲は、ここからさらにレベルが上がっています。
    1年の進化を感じていただけると嬉しいです。

    それでは。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。