ゼンディカーの夜明けリリース 両面土地や片面土地片面呪文を使ってみた第一印象
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ゼンディカーの夜明けリリース 両面土地や片面土地片面呪文を使ってみた第一印象

2020-09-18 19:31





     ゼンディカーの夜明けがついにリリース。上記はリニューアルギフト+コード+プレオーダーでゲットしたレアと神話レア。
     リニューアルギフトではゼンディカーのレア5枚と神話レア1枚でプレオーダーでは神話レアのジェイスが1枚ついてくる。それ以外が53パック開けた中から出てきたものでレア37枚、神話レア13枚、レアWC2枚、神話レアWC1枚だった。いつもより神話レアの出現率が高かった気がする。
     そしてさらに30パックほど剥いたりとりあえずレアWC10枚使ったりして(両面色土地がほとんど)色々試してみた。




     これが早速悪さをしている。とにかくコブラを素早く処理しないと取り返しのつかないことになるので、しばらくはデッキに軽量除去を多めに入れておいた方がいいと思う。さらにLOが現実的な強さのようだからエンチャントを破壊できるカードも欲しい。青黒ならず者は……当たらないように祈るしかないんじゃないかなあ。




     この両面土地はショックランドと比べると相当弱いけど入れざるをえない印象。ないよりはマシレベルだけどないと困るみたいな。実際手札にあると助かることが多かった。今後パックで引くかもしれないので3枚自力で引いた白黒以外はとりあえず2枚ずつ揃えた。

     それとは別に片面が土地で片面が呪文のカードだけど、使ってみたら結構便利だった。土地の枚数を少し抑えて試してみたけど悪くない印象。ただ土地との枚数バランスは相当難しそうではあるが。




     神話レアの片面土地は1ターン目ならタップで出してライフ消費なしで出すこともできるのでそこそこ便利だったかな。ただ緑のこれは重い。ランプ前提という感じ。赤はソーサリーの方を使うことが何回かあった。





     個人的にお勧めなのがこの2枚。コブラを除去するために土地を抑えつつ入れられる。どちらも場にクリーチャーが出ていること前提で緑は3マナとやや重いけれども土地との両受けだから仕方ないと割り切る。
     緑を使っていると格闘除去入れたいけど入れる枚数にも限度が……という悩みがつきまとっていたけどこれによって多少土地の枚数を抑えることができると感じた。
     とにかくコブラ対策は必須だと思う。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。