MTGゼンディカーの夜明けデッキ 赤緑上陸デッキVer1.2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MTGゼンディカーの夜明けデッキ 赤緑上陸デッキVer1.2

2020-10-12 20:03

     今日の真夜中に禁止改定がまたあるということで話題になっている。
     「スタンはクローバーでお茶を濁すだろうな……」という意見が多い感じかな? オムナスはおそらくブロールでアウト、ただスタンではまだ様子見されそう。あと砕骨の巨人が危ないかもという意見もあるっぽい。

     それもあと数時間すれば分かることだから話題は終わりにして、今回はグルール上陸を少し手直ししてみた。



     ……さすがに初子さらい4枚はやりすぎた。2枚にするか3枚にするかはまだ調整の途中という感じ。わりと役立つことが多かったりするから悩ましい。




     今回新たに採用したのはこの2枚。

     アシャヤは神話レアということでなかなか強烈な効果。これによってクリーチャーを出すと上陸効果が発動するから楽しい。
     それ以外にもクリーチャーが土地になることで「土地でない~」が書いてあるカードが無効化される。よく使われるカードで一例をあげるなら借り手でバウンスできなくなる。
     1枚しか持ってないから1枚しか入れてないけど2枚あっていいかも。

     そしてヴァラクートの探検は使ってみたら思っていた以上に便利だった。
     ラーダがいたらデッキトップの土地を出せるからデッキトップの土地を出して上陸しつつその土地の次のカードを使うとライブラリートップが第二の手札になるのが強い。アシャヤがいればクリーチャーを出してさらに上陸効果発動と連鎖していくけどまあそこまで盤面に揃うことはほぼない。

     土地は21+片面土地8で29枚、クリーチャーは23+片面土地3で26枚でとにかくガンガン押していく。山火事やマンモスが2回上陸して殴ってカズールの憤怒で投げ飛ばせば大体ライフを削りきれると思う。
     なおタップイン土地が8枚あるから占術土地を入れてない。とはいえ色拘束きついからやっぱ入れた方がいいかなあ、ここも悩みどころ。


     平均コスト2.2と前のめりなのでBO1プレイだと結構勝てる。でも上陸してないときはタフネス1のヘルハウンドや精霊は簡単に除去されるから除去が多い相手はやっぱり苦手。マンモスも上陸しないとただの3/3だし大きくなってもトランプルがなくてチャンプブロックされやすいから場を膠着させられると厳しい。まあだからこその初子さらいやカズールの憤怒なわけだけど。



    デッキ
    6 山 (UST) 215
    7 森 (UST) 216
    2 終わりなき踊りのガリア (THB) 217
    2 ケルドの心胆、ラーダ (M21) 224
    4 原初の力 (M21) 197
    4 義賊 (ELD) 138
    4 砕骨の巨人 (ELD) 115
    4 岩山被りの小道 (ZNR) 261
    3 カザンドゥのマンモス (ZNR) 189
    4 寓話の小道 (ELD) 244
    2 棘平原の危険 (ZNR) 166
    4 アクームのヘルハウンド (ZNR) 133
    4 山火事の精霊 (ZNR) 221
    3 カズールの憤怒 (ZNR) 146
    2 初子さらい (ELD) 118
    2 探索する獣 (ELD) 171
    1 野生の魂、アシャヤ (ZNR) 179
    2 ヴァラクートの探検 (ZNR) 175
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。