MTG 新環境における環境デッキ対策カード・昨日の追加
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MTG 新環境における環境デッキ対策カード・昨日の追加

2020-10-14 19:01

     3枚禁止された新環境においてよく当たるであろうデッキの対策として昨日書き忘れたカードを2枚追加。



     一時期かなり使っていたのにすっかり忘れていた。
     毎ターン1枚のみとはいえ墓地を掃除かつ付随効果のあるカード。こちらと相手のどちらの墓地でもいいのはポイント高い。一番の魅力は破壊不能がついているために打ち消されず場にさえ出たら対処しづらいこと。顕現しなければ-修正カード、絶滅の契機、影の評決などの対象にもならない。
     その点たとえば漁る軟泥は即除去されることが多くて不安定。

     正直グルール上陸のような前のめりデッキでは入れる枠あるかなーと思っていたけど漁る軟泥を入れるぐらいだったらこっちを入れた方がいい気がしてきた。対処手段が多くなる顕現も4/5破壊不能は普通に強くて魅力的だし。




     墓地掃除のタイミングが遅いのが欠点だがラクドスエスケープ相手には結構刺さると思う。4/4になる前のマグマの媒介者かぬかるみのトリトン(場合によっては残忍な騎士も)が1章の対象。3章発動前にクロクサ脱出されたら諦める。


     禁止改定以後まだ試合回数は少ないけどやっぱり赤黒脱出と青黒ならず者と当たることが多い印象。あとはBO1プレイだから当然赤単も多くて緑単も何回か。LOはまだ1回しか当たってない。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。