ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

いまさらですが・・・OM-D・・・(OM-D E-m5の話)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

いまさらですが・・・OM-D・・・(OM-D E-m5の話)

2020-10-16 22:26
    オリンパスのカメラ部門が身売りされた・・・とは関係なく?
    OM-Dが欲しくなったので・・・


    買っちゃいましたww


    OM-D E-m5であります!

    いまごろなんで初代なのかというと・・・

    アクセサリーポートが付いているのは・・・この世代だけなんです・・・
    電子ファインダーは・・・本体についているのでどっちでもいいのですが・・・

    マクロアームライト・・・持ってるし・・・あれば使いたいよねぇ・・・
    というわけなんですww

    キ〇ムラのネット中古で取り寄せであります・・・
    ちょっと高めでしたが・・・AB品にしておきました

    予算の都合もあってボディ(付属品アリ)であります・・・

    防滴防塵な小型ストロボも付属です・・・
    シャッター回数を確認すると4900回ほどと・・・状態はいいですよ!!

    当然?PEN用の付属小型ストロボも付きます・・・
    こちらは防塵防滴ではないので注意なんですが・・・
    手元にあるレンズは防塵防滴じゃないので・・・無理をしなければおkですよねぇ・・・


    ここまで付けられれば・・・電子ファインダーも使えます・・・
    不格好になりますが・・・




    この電子ファインダー付けてると本体のファインダーは使えませんww

    そのかわり・・・アングルファインダーの代わりのように使えます



    チルト液晶で見えにくい状態でもローアングル撮影には使えそうですww

    先日思ったのですが・・・ファインダーを使いながらフラッシュを使おうとすると
    E-P3みたいにストロボ内蔵の機種じゃないと不便なんですよねぇ・・・
    E-PM2だとファインダーかフラッシュか選ばないといけないし・・・
    交換も野外だとやりたくないですよねぇ・・・

    E-P3と並べてみた・・・


    どちらでもいいような気がしますが・・・
    OM-Dの方が手振れ補正が優秀なんですよねぇ・・・

    ファームウエアを確認すると・・・Ver.2.1でした・・・
    早速更新して最新のVer.2.3に更新しました・・・

    ここで気になったのが・・・
    Ver.2.2の説明です・・・
    同時期の機種のE-PM2の説明を読んだ時には気にならなかったんですが

    「オリンパス製の手ぶれ補正機能搭載レンズに対応しました。」とあるのですが・・・
    コレ・・・
    実はパナソニックの手振れ補正スイッチ無しの手振れ補正付きのレンズを使うためにも必要な更新なんですよ・・・

    このファームウエアに更新するとレンズ内補正のON・OFFが選べるようになりちゃんと動作するようにできるのです

    ただ・・・この動作のメニューはレンズ内手振れ補正優先のON・OFFとなっているのでちょっとわかりにくいですww

    このカメラだと本体の手振れ補正の方が優秀なんでOFFにしておきました


    なんでわざわざこのレンズなのかというと・・・小さくても沈胴しないのです・・・
    沈胴するレンズはコンパクトになるのですが・・・故障しやすいので沈胴させないのです
    それなら・・・うっかり沈胴させて寿命が短くなるレンズじゃなくて
    沈胴しなくても小さいレンズというわけなんですww

    文が長くなったので試し撮りのことはまた後日・・・


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。