【ミリシタTC】THE@TER CHALLENGE!!でASが枠を取るためには
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ミリシタTC】THE@TER CHALLENGE!!でASが枠を取るためには

2018-10-28 16:22

    ※この記事はあくまで個人の考えで、他者にどうこうしろという意思で書かれたものではありません。



    ※12/6追記 菊地真Discord で協議が始まってます。











    選挙というものは、現代で屈指の娯楽である。国政はもちろん自治体の長、あるいは県議市議レベルでも、その選挙区の内情に詳しければ詳しいほど面白いし、勝敗が自身に与える影響が小さいならなおさらだ。極上の人間ドラマを実質タダで楽しめる。




    さて。ニコ生で視聴した10/21のミリシタ感謝祭は、無料で見せてもらうには申し訳ない内容だった。特に、前から気になっていた夜想令嬢の「昏き星、遠い月」はCDを即取り寄せた。ドラマ部分も良かった。初公開されたラスト・アクトレスも結構面白そうで、イベントも少なくとも25000位は確保できそうだ。



    何より注目したのはタイトルにもあるキャスティング投票企画「THE@TER CHALLENGE!!」である。過去に実施されたミリオンライブ時代のTA、ミリシタで実施されたTBに続く第3弾で、今回はASを含む52人が対象である。そう、つまりは、


    ※ちなみにこの画像、有名だけど何割の人が元ネタ読んでるんだろう?






    私はTAの頃はミリオンライブ未プレイかつアイマス虚無期間だったので詳しく知らず、TBの頃は多忙かつたまにログインだけしていた頃だったので、ログボ分の数枚だけ入れて、あとは「面白いことやってんなー」と遠巻きに祭りを見ていただけだった。なので、今週は色々と過去の情報を探ってみた。以下はその一部。


    畜生、ミリマスボイスドラマキャスト投票を振り返る
    http://ch.nicovideo.jp/sirasusirasu/blomaga/ar1020668

    ぐう聖、ミリマスボイスキャスト投票の戦術について考える
    http://ch.nicovideo.jp/sirasusirasu/blomaga/ar1024423

    ミリオンライブ投票分析(THE@TER ACTIVITIES)
    http://kuukiskyblue.blog.fc2.com/blog-entry-1376.html

    北上麗花コンベンションセンターで振り返るキャスト投票
    http://ch.nicovideo.jp/dia_bomu/blomaga/ar1023150

    ぼくと北沢とキャスト投票2016
    http://ch.nicovideo.jp/sukkiripon/blomaga/ar1024104

    用心棒志保の敗因を分析する【ミリオンTAキャスト投票】

    http://ch.nicovideo.jp/karouship_blog/blomaga/ar1023110

    TB投票における真壁瑞希のPの初動の動き
    https://togetter.com/li/1192006

    捨て子のブロマガ THE@TER BOOST!感想~三姉妹カフェお客さんを巡る莉緒Pの話~
    http://ch.nicovideo.jp/staygoldzz/blomaga/ar1413555

    TB選挙のネコ争いを美也ネコ陣営から振り返ってみる
    http://ch.nicovideo.jp/middletf/blomaga/ar1339229

    杏奈P、シアターブースト選挙戦の杏奈と杏奈Pを思い出す

    http://aintsbain.hatenablog.com/entry/2018/01/24/225812

    畜生、ミリシタ・シアターブースト投票を振り返る
    http://ch.nicovideo.jp/sirasusirasu/blomaga/ar1410230

    【アイドル投票TB結果発表】39人の「ライオン」【おかえり琴葉】
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm32759703


    ミリシタTHE@TER BOOST!感想戦‐総括‐
    http://ch.nicovideo.jp/misumihura/blomaga/ar1412620


    ミリシタ The@ter Chalenge!! 投票 展望編
    http://kokukoku.hatenablog.com/entry/2018/10/22/182747

    【ミリシタ】シアターチャレンジに向けてTBを振り返る
    https://www.setandset.com/archives/theaterchallenge.html


    興味ある方は後ほど読んでくださいということで要点だけまとめると、



    テーマと配役が発表されるので、



    ログインやイベント、ガチャでもらえる投票券で投票する。

    一人あたりがもらえる投票券には課金をしても限度があり(前回は約400票)、少数の廃課金だけではどうにもならないのでいかに多数のユーザーを味方につけるかが鍵になる。というか、トップクラスの人気を持つアイドルでも、戦術をミスったり適役という支持を得られないと普通に負けるし、最悪の場合は競り合うライバルに票が流れる。担当外のP、議員選挙風に言えば無党派層に支持を広げることが重要となるわけだ。イラストや動画の宣伝効果、楽しそうな雰囲気作りや吸引力のあるパワーワードも重要になる。



    勝てば無条件でイベント配役と新曲確定。
    (TBでは激戦区の2位はイベントやドラマCDに脇役で出られているが、曲はない)


    はい。りぴーとあふたーみー。



    勝てば新曲が!

    無条件で!

    もらえる!!






    据え置き含む単独展開が未定(アイマスMRは2or5月の3rd開催がほぼ濃厚と言っていいけど)のASにとって、これはチャンスである。ASが公式の投票という場に立つのはおそらくアケマスのロケテ以来となるはずだが、力の見せ所だ。ASとASPにはまだこれだけ力があると示す格好の舞台である。
    ゲームはまだ言い訳ができるとしても、良曲が多かったにも関わらずステラステージ関係のCDが売れなかったのは厳然たる事実だ。これはASPにとって思わぬ形で与えられた挽回のチャンスであり、これを生かせなければ先行きにもマイナスであることは否定できないだろう。8月に「私たちの手を離さないで」と言われてから3ヵ月、早くも力試しの場が来たのだ。

    ミリシタ及びASの扱いに思うところがある古参もいるのはわかるし、私も初星以前はそうだった。感謝祭のAS不在での「ToP!!!!!!!!!!!!!」にモヤっとした方もいるだろうし(せめて初星円盤発売までは待ってほしかったし、私はどっちかと言うと最悪のタイミングだったyuraさんのツイートの方がモヤった)、欲しいのはミリシタの活躍の場ではないという方もいるだろう。確かにまあ、ミリシタでは狂犬要素のある千早とかは見られないし。

    ただ現状はもはや、チャンスは待っていても与えられるものではなく掴むものなのだ。MRをほぼ全公演埋めたのと同様、ここでのASの活躍も別媒体の展開にも影響するし、TC曲が765ミリオン混成になればなるほど、ハッチポッチ2や再来年の15thライブにもつながってくる。
    やるやらないは個人の信念なので強制されるものではないが、私はせっかくなので全力で戦いたいと思う。今の行動原理は「あとでああしておけば良かったと後悔したくない」なので。だから真たちの新曲が欲しい。


    ……とはいえ。まあそもそも、皆がそんな小難しい目標で挑む必要もない。ミリシタが先々を見据えて布石を打ってきたのだから、ASの活躍の場を増やしてシアター組との新しい絡みを作ろう、あわよくばミリオン専任のPにも担当の魅力を知ってもらおう、という程度で、肩の力を抜いて楽しく祭りに臨めばいいんじゃなかろうか。繰り返すが選挙は基本楽しいのだ。今回は傍観ではないから楽だけではないけれど。





    私自身は今回は真の役獲得を第一に優先したい(千早・伊織は戦況次第)が、それと同時にASが枠の1/4以上を確保できるようになればいいと思う。TCは4曲になる可能性があるのでそうなれば枠は20。ならば5人が食い込めば面目躍如だろう。テーマと役次第ではあるものの、美希・千早の人気2強とあと3人。できればその中に真も。困難ではあるが無理ではないはずだ。


    ■真の役はどうするのか

    ただ、問題はこれである。真についてまわる「かっこいい・かわいい」の2路線、もとい2極だ。普段はある程度までは両取りで「クールも可愛いも叶えていける」のだが、今回はどれか一つの路線を選ばざるを得ないだろう。

    想定する限り最悪のパターンは、例えば時代物やファンタジーなんかで「王子(騎士・若武者)」と「姫」が出てくるケースだろうか。他の方もアンケしていたが、おそらく無策で突っ込めば割れて共倒れである。それだけは避けたい。1stアニバーサリーにおける真のポイント順位は(どこを基準にするかにもよるが)ほぼ中堅の位置。選挙戦略か幸運がなければ難しいのは否めない。

    真に関しては既にここの掲示板で作戦会議が始まっている。まだ役が出ていないので本格的な議論は始まっていないが、個人的には、あくまで個人的にはかっこいい路線で行ってもいいのかなと思う。



    ※真Pとしての本懐は、2極両方を生かしてあげることだってのはわかってはいるけど……


    アイマスMRで改めて実感したが、真は本来かっこよさだけで天下を取れる器である。

    ただ、ミリシタではこれまで「Birth of Color」イベント以外では目立った出番はないし、そのかっこよさも伝わっているかどうかはわからない。役次第ではあるが、改めて真のかっこよさ、そして低音方向に大きく歌の厚みを増せる歌唱力を推すべきではないだろうか。
    その方がより他の担当Pの支持も集められ、浮動票獲得のチャンスも拡がるはずだ。
    無論、まだそういう役が来るかどうかは不明なんだけれども。

    とりあえず「shy→shinig」の真ソロはとってもいいからみんな聴いて。プロミ行ってた勢で買ってない人もいるくらい売れなかったけどいい曲なんだから(ダイマ)。





    TA、TBはミリオンライブのコンベンションセンターなどが活用されていた(今はもうない)が、ASPが実戦経験豊富かつ「戦略と団結が必要」とわかっているシアター組Pと互角に戦うには、まず埋められる後者の差だけでも何とかしてしまいたいところだ。最低限、支持を得られる役の方向性や投票戦術について、先述の掲示板のような作戦を練る場所が欲しい。むろん、そこだけでどうなるわけでもないので、随時ツイッターなどでも並行して取り組みをしていく必要がある。

    ※12/6追記 菊地真Discord で協議が始まってます。



    TA、TBでは、まず担当Pたちが団結すること、そして浮動票にもなる他のPたちの支持を得られる役を選ぶのが重要であるということが、勝敗という結果をもって示された。さらに投票期間中の企画作りや盛り上げも重要だが、少なくとも前者を欠いた陣営は例え人気のあるアイドルであろうとほぼ勝てない。
    こうした基本的な戦い方はもう蓄積・共有されているので、あとは今回から参戦するASPに、そう遠くはないであろう投票開始までにそれが伝わってほしい。



    ……にしても、勝ちたいなあ。勝ちたい。
    例え15枠のままだったとしても何とか勝たせてあげたい。痛切にそう思う。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。