初めての配信ライブと、最初で最後の「乃木坂46・白石麻衣」を見届けた話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

初めての配信ライブと、最初で最後の「乃木坂46・白石麻衣」を見届けた話

2020-10-29 23:41



    140文字で書き切れなさそうなので、こちらにて。

    10/28(水)に「NOGIZAKA46 Mai Shiraishi
    Graduation Concert~Always beside you~」、
    しかとこの目に焼き付けました。

    配信ライブでしかできないバーチャルの演出、
    というのは触れる機会はあったけど
    これはやはり強みだなあと。
    客席部分も使えるからこそ会場を
    広く使えるだけに演出の幅が広がるだろうなあと。

    歌番組見てる気分もあったけど、
    そこは多分どこも共通的に感じる部分だと思うので
    そこにやる側の色を如何に出せるか、
    というのが配信ライブの肝とも感じた…

    ライブというライブが久しぶり…
    というか2月以来だったので
    ライブでしか出てこない高揚感を久しぶりに
    感じられた気がのがやはり楽しかった。
    でもやっぱり現地で、という気持ちはあるし、
    そこは譲れないよなあと。
    ライブは声出して(TPOを守りつつ)
    大騒ぎ出来るのが一番なので、
    それが出来るようになるまでは
    この楽しみ方もありだなあ、と
    感じた約2時間半でした。

    週末のMUSIC DOWNも楽しみになってきたぞ…



    さて、以下は今年初頭から坂道の魅力に
    目覚めてしまったオタクのお気持ち書きなぐりです。
    呼称にはメンバー名(敬称略)はつけたので
    わかりやすくはなってるけど完全に予備知識前提です。
    1mmでも気になったらとりあえず「乃木坂工事中」か
    「ノギザカスキッツ」見てくれ…


    白石キャンペーンと題して近年「好き」
    の気持ちを行動に現してきた飛鳥(齋藤飛鳥)が
    くっつきに行く宣言して、かねてから
    好きを強く主張してきた生ちゃん(生田絵梨花)と
    さゆりん(松村沙友理)から嫉妬受ける図…w


    1期生の絆の強さというのはファン歴の
    浅い身としてもひしひしと感じてただけに、
    ライブの序盤ですでに涙を浮かべていた
    ずーさん(高山一実)、さゆりん、
    そして主役のまいやん(白石麻衣)と
    涙の連鎖になっていくのが…
    これは一期生のオタクになっちゃう…
    ひなちま(樋口日奈)すき…


    2期と歌った8th「バレッタ」。
    2人ずつ主役であるまいやんの隣に
    寄り添うように歌っていくわけだけど、
    人数の関係で隣でなく
    膝下のポジションに行った純奈(伊藤純奈)、
    とても役得だったのでは…


    その後の3期との「逃げ水」。
    この3期は特に加入前から
    ファンを公言してた梅(梅澤美波)の
    この言葉はライブ後に実感が湧いてくる言葉だった…
    白石麻衣、乃木坂卒業 後輩たちは感謝…梅澤美波「白石さんは好きになった乃木坂そのもの」(スポニチアネックス)
    心の拠り所をまいやんに寄せていたであろう
    桃子(大園桃子)が泣きながら
    ラストのメッセージを送るところでこちらも決壊。


    聞き覚えのない
    (そらこのライブで初めて乃木坂ライブ現地だしそれはそう)
    かっこいいイントロとバチバチに決まった
    照明のもとダンスショーケースからの
    「夜明けまで強がらなくていい」、アツかった…


    「偶然を言い訳にして」の最後で
    台詞こぼしてたキャプテン(秋元真夏)には草。
    某所に転がっている過去動画で神宮の決め台詞で
    ズルっと行ってたのは知ってたけど
    ここでそれ見れるんですか。それ。


    続く「でこぴん」ではCGでファンシーな
    世界を駆け巡っていて。途中迫りくる壁
    避けてたけど「モジモジくん」を思い浮かべていたけど
    いまそういやFall guysもあんなのありましたね…


    「まあいいか?」の幕間のPVで
    「いくお」出しててわろた


    しかしまあこれが初ライブなので
    名曲のマシンガン打線感が強い。
    こんな曲あるんかとなりさらに楽曲収集が捗りそうだ…


    でも生ちゃん生ピアノでのハモリ披露だった「きっかけ」と
    WHITEHIGHの「渋谷ブルース」は沁みた…
    あれはCD音源には戻れないものを
    初見で見せられてしまった…
    「渋谷ブルース」はさゆりんと
    葉月(向井葉月)の生ギターが良かった…


    からのその披露したステージに残っている
    まいやんの横を通り過ぎていく飛鳥の姿。
    最新曲「Route246」 でセンターを任されているあたり、
    次の乃木坂の顔としての期待は相当されているのだろうと感じた…
    ソロダンスパートはそれに応えるような姿だったのがまた…


    MVの白い衣装と歌詞が好きな「シンクロニシティ」、
    そしてもうもはや今年何回再生したかわからないほど聴いた
    「インフルエンサー」。考えてみたら、
    この2曲はレコード大賞V2を取った流れ…激アツ…
    さくちゃん(遠藤さくら)のダンスのキレが良かった…


    そして「サヨナラの意味」。
    再びメンバーが隣に寄り添いながら歌う姿。
    ここでまた涙を浮かべるメンバーとまいやんに
    つられてまた決壊。


    本編最後は「ガールズルール」。
    初センターを努めたこの曲での締めくくり。
    生煽りを見れた…


    序盤の話に戻るが、配信ライブで難しいところと
    感じたのがアンコールの入り方。
    声が届けられない(届け方は色々考えられるだろうが)
    雰囲気で入るしかないだけに余計になあと。
    某の流行前客入れ開催なら
    「のーぎざか!46!」の流れでしょ…?


    最後、その場で出てきた最後の挨拶からの
    生歌で勝負した「じゃあね。」
    そしてさゆりんからの手紙。手紙と最後の挨拶は
    全文掲載の媒体もあるのでそこで
    見ていただきたい…
    オーディションの日、駅で私を助けてくれたヒーローは、年月が経ち私の大切な人となり、同い年ならではの助け合い・思い合える関係がとっても心地良くて、ずっとずっと一緒にいられたらいいのにと願っていたのに、今日この日がやってきてしまいました。

    【ライブレポート】「乃木坂に入ってよかったなって、心から思います。やっぱり乃木坂って最高だな」白石麻衣、優しさいっぱいの卒業コンサート メッセージ・手紙全文も https://times.abema.tv/news-article/8630919  より
    これとかさあ…


    「しあわせの保護色」での笑顔。
    気がつけば見ていた自分の表情も涙というより
    笑顔に変わっていたように感じたのが
    不思議な感覚。



    名前は知っていたけど、興味を持って見ていなかった
    昔の自分にもっと早く気付けよ!!!と
    言いたくなる感じはあるけど、このタイミング、
    卒業コンサートに間に合うタイミングで
    好きになれていてよかったというのは感じるばかり。


    たぶんきっかけは地元で「じゃあね。」のMV撮ってたらしい!
    ぐらいの浅さから写真集からCDまで買いあさりここまで来て、
    まいやんいがいの推しもたくさん出来ていて。


    きっかけをくれたのは間違いなくまいやんだったし、
    これが最初で最後の乃木坂での姿になるのは寂しいけど、
    この目で焼き付けられて本当に良かったというのが結論かなあと。





    ありがとう、そして9年間お疲れさまでした!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。