第八回ブロマガ/ツイッター始めました&怒首領蜂Ⅱについて・そのⅡ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第八回ブロマガ/ツイッター始めました&怒首領蜂Ⅱについて・そのⅡ

2013-10-04 09:33
  • 4
一週間前くらい前からツイッター始めました。
 作品の更新具合の報告や質問などお答えして交流できればいいかなと思います。
 ツイッター→https://twitter.com/SYYukiKaze

 怒首領蜂Ⅱについて。
 前回のブロマガでの怒首領蜂Ⅱは少し物足りなかったので、もうちょっとだけ書きたいと思います。
 これから先は僕個人的に感じたことを書き連ねるので、それは違うだろjkと思われる場合があることをご了承ください。機体はC機体を基本に書いています。

 難易度はおそらく、無印と比べたら簡単な難易度ではないでしょうか?
 2、3面はそれほど弾幕は多くなく(それは無印や他シリーズなどの1、2面にも言えるが)4面以降の弾幕も無印と比べると少なく、素直な弾幕が多いので初心者にはお勧めのゲームかもしれません。(STGWikiでは〝初心者にもお勧めできる良作〟との記述がある)
 しかし、前回のブロマガでも言いましたが、4面の中盤以降は怒首領蜂らしい弾幕になってくるので〝弾幕だけ〟だったら初心者にはちょっと厳しくなってくるかもしれません。
 厳しくしているのは敵の固さ。初心者のみならず中級者にも厳しいです。特に、固いことで定評のある金網フェンスさんはスペシャルウェポン(ボムモードのボム)を食らっても撃破することが出来ないというくらいの固さを誇っています。ボムモードのボムならフェンスの裏にいる中級の敵を撃破してからフェンスを撃破、エネルギーモードのスーパーオーラでフェンスを撃破してから中級の敵を撃破するという手法になるかもしれません。……むしろ、ボムモードはともかく、エネルギーモードのスーパーオーラでガンガンやっつけていかないと厳しくなります。
 今作品では、ボムモードとエネルギーモードの二つのモードがあります。
 どっちが攻略において有利なのかと言うと、エネルギーモードだと思いますが、正直わかりません(´・ω・`)
 ですが、個人にあったモードを選べばいいと思います。
 モードによって難易度……というより、攻略の仕方はだいぶ変わってきます。
 ボムモードはエネルギーモードと違い、敵弾にかすってエネルギーゲージを溜める必要はなく、これでもかってぐらいにボムアイテムが落ちていくので、比較的にパターンを組めやすくて攻略できていくのではないでしょうか。しかし、後述するエネルギーモードと比べるとメリットは少ないです。
 エネルギーモードのスペシャルウェポン(スーパーオーラ)を撃つには、敵弾をかすってゲージを溜める必要があります。なので、ボムモードのように連発は出来ず、また敵弾をただ避けるのではなく、あえて自機に敵弾をかすらせてゲージを溜めていかなければなりません。ですが、ボムより威力はあるし、ボムモードとは違ってゲージが溜まれば何発でも撃てます。ステージ後半になっていくと敵弾にかする場面は嫌でも遭遇しますので、ある意味では撃ち放題です。初心者には厳しいかもしれませんが、エネルギーモードを選んだ方がいいかもしれません。むしろ、ボムモードでは後半からのボスを倒していくのが厳しくなっていきます。真ボスの未知秘蜂戦では、100%自爆待ちになってしまうらしい。
 今作の敵は固い。
 これを何回書いたのでしょうか?
 わからなくなるくらい固いのです。
 固いなぁ、と思ったのは文句なしに金網フェンスさんです。恐ろしや恐ろしや。
 そして、これはちょっと卑怯だな、と思ったのは5面中ボス(前作1面の中ボス)の固さである。こいつにスペシャルウェポン使わないと逃げられてしまうほど固い。つまり、倒すにはスペシャルウェポンを撃たなきゃならないということです。(オーラ撃ちは怖い)逃がしても特に問題はありませんが、最終面、真相ULTIMATEに行くには6面の終結TERMINATEのボス撃破時にスコア4億以上が必要なので撃破しておきたいところなので、スペシャルウェポンの使用は惜しまない方がいかもしれません。そういった意味では強制使用になるかと思います。
 しかし、強制的なスペシャルウェポン使用場面はすぐに訪れます。
 前述の中ボスを撃破した後に出てくる中型機の弾幕が初心者にとって厳しいものになります。特に2機同時に出てきた時の弾幕は、詰みです。詰みです。詰みなんです。解決策としては、上に行ってオーラ撃ちで攻撃すれば弾幕を撃たれることなく撃破することができるので問題はないということです。……動画を見て気付きました。ずっと下で避けていたのが馬鹿らしくなってきました……。
 ですが、6面ボスはそうはいきません。上と下からのワインダー弾幕はスペシャルウェポンを使用しなければ絶対に被弾してしまうという見事な強制スペシャルウェポン使用です。前述でエネルギーモードが有利だと言っていたのはこの事です。ボムがなけりゃ死ぬしかないのです。合掌。

 さて、今回色々なことを書いたと思います。
 プレイもしたこともないけどプレイ動画だけは見た、見た感じクソゲーだ、だからクソゲーだ、黒歴史だ、という理不尽なレッテルを貼られた可哀想なSTGである。
 正直、僕もその内の一人だったのであまり偉そうに言えない立場である。
 ですが、いつも行っているゲーセンに怒首領蜂Ⅱが設置され、プレイしてその評価はガラリと変わりました。やっぱり、まずは自分の手で直接プレイしてから評価するものですね。プレイ動画だけじゃあわからないことがあります。
 怒首領蜂Ⅱは稼働店が少ないらしいですが、ぜひプレイしてみてください。プレイしてから、自分にとってクソゲーなのか良ゲーなのか普通ゲーなのか、評価してください。

 それでは、今日はここまでです。
 ありがとうございます。ツイッターもよろしくです。
広告
×
>プレイもしたこともないけどプレイ動画だけは見た、見た感じクソゲーだ、だからクソゲーだ、黒歴史だ、という理不尽なレッテルを貼られた可哀想なSTGである。
どちらかというと「登場時に怒首領蜂の続編ということで期待に胸を膨らませてプレイした人達が、前作との大きな違いに落胆して評価が低くなった」って感じな気がします。
動画のコメントを見る限りではそこまで評価が低いようには思えないです。(そもそも動画の数が圧倒的に少ないのでなんとも言えないところですが・・・)
まああの独特な感じをネタにして盛り上がれるのは大往生以降の作品が出て安定した今だからこそなのかもしれません。
昔の一作品として見るのと、会社の柱と言っても過言ではない主力シリーズの最新作として見るのとでは評価が違ってくるのではないでしょうか。
79ヶ月前
×
確かに少し言い過ぎたかな、と思いました。
あくまでも、この記事に書かれているのは僕のようなプレイしたことのない、プレイ動画でしか見ていないという者の個人的な意見なので流してくださいw
79ヶ月前
×
いや自分も蜂Ⅱは一度もプレイしたことがない動画勢なんですwww
でも動画勢だからこそわかるというか、動画見てる限りだと肯定的な意見が多いんですよね。「あれ?蜂Ⅱって実はけっこう面白いんじゃね?」みたいな。
そういうのを見て、「昔は評価が低かったらしいけど、動画のおかげで最近は再評価されつつあるのかな」と思ったんです。
79ヶ月前
×
>>3
確かに、プレイした者にとって再評価されてきているというのは素直に嬉しいですね。
僕もプレイする前は「どうだろうな~w」と軽く難色でしたが、プレイしてみて面白かったです。
……やっぱりクソゲーは言い過ぎましたかね? ちょっと後悔(´・ω・`)
結果的に何が言いたかったのかというとプレイしてもいないのに、クソゲー言うな、レッテル貼るな、プレイしてから感想しなさいということです。……記事を見ると、訴え方が弱すぎますね。これからは気を付けていきたいと思います(`・ω・´)
79ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。