• このエントリーをはてなブックマークに追加

しらべぇ 気になるアレを大調査ニュース!

  • こんなの受け入れられない! ありえないと思った愛の告白4選

    2019-11-22 22:3017分前
    カップル(west/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)好きな人と付き合いたいのならば、愛の告白が必要になる。「好き」な気持ちを伝えるだけだが、恥ずかしさなどから「ありえない…」と思われてしまう告白をする人もいるという。

    そのような告白をされた経験を持つ人はどのくらいいるのだろうか。

    ■ありえない告白を受けたことがある?

    しらべぇ編集部では全国の10~60代の男女1,733名に「愛の告白」について調査を実施。

    結果、「ありえないと思った告白を受けたことがある」と答えた人は12.7%。愛の告白を受けるのは基本的には「嬉しい」ことだけに、「ありえない」と思うような経験を持つ人は少ないようだ。

    関連記事:いい年してダメ! アラサー男子にされて「最悪だった恋の告白」3選

    ■ありえない告白4選

    「ありえない告白」はどのようなものなのか。複数の人に聞いた。

    (1)下半身パンツで

    「好きな人に誘われて彼の部屋に行ったら、おもむろにズボンを脱ぎ始めた。戸惑っていると、パンツ姿で『つきあってほしい』と言われた。

    OKしましたが、『順番が違うよね』と注意は入れました。彼いわく、いつも下はパンツだけで過ごしているから、つい癖で脱いでしまったとのことですが…」(30代・女性)

    (2)歌入りのテープを渡された

    「高校の頃、クラスの男子に『これを聞いて欲しい』と、突然テープを渡された。嫌な予感しかしませんでしたが、一応聞いてみたら、自作の歌が入っていた。

    1小節聞いただけで、もちろんストップ。なんでこんなつまらない歌を聞かなければならなかったのか」(50代・女性)

    ■男性からも意見が

    (3)LINEで長文

    「LINEでかなり長文を送りつけてきた女性。好きだと思った理由などが書かれていたけど、どうせなら直接告白されたかった。文章もメンヘラな感じが否めなかったので、『友達のままで』と断りました。

    今はちょっともったいなかったかな、と思っています」(30代・男性)

    (4)「とりあえず」と言われた

    「以前から気になっていた人。食事などに行くようになり、付き合ってもいいかなと思っていた。あるとき、真剣な顔をして『とりあえず僕と付き合ってほしい』といわれて…。

    『とりあえず』の意味がわからなくて、『とりあえず、ってどういうこと? 私はビールじゃない』と断った。今でも意味がわからない」(20代・女性)

    方法を間違えると、それだけで交際を断られてしまう愛の告白。アクセルを踏む前に、相手に「ありえない」と思われないかどうか、考えてみるべきかも。

    ・合わせて読みたい→人に持たれるイメージ 5割が「本当の自分と違う」と回答

    (文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年10月28日~2019年10月30日
    対象:全国10代~60代の男女1,733名 (有効回答数)

  • 大場翔太、元巨人・笠原将生の現在の姿に驚愕 「四まわりくらいデカかった」

    2019-11-22 22:0047分前
    大場翔太と笠原将生(画像は大場翔太公式Twitterスクリーンショット)福岡ソフトバンクホークスなどで活躍した大場翔太氏が20日、ツイッターを更新。読売ジャイアンツでプレーしていた笠原将生氏とのツーショットを公開した。

    ■「デカすぎ」

    この日、「笠原将生デカすぎワロタ」とツイートした大場氏。NPBのHP上には、現役時代の大場さんの身長と体重が表記されており、182センチ、85キロとなっている。

    一方、笠原さんは191センチ、95キロ。いずれも笠原氏のほうが大きく、リプライ欄でも「肥すぎワロタ」と大場氏の驚愕に共感する声があがっている。

    関連記事:元ソフトバンク・大場翔太、YouTubeに救われた過去 「最後の3・4年間は…」

    ■会った印象は…

    20日に大場氏は、「笠原将生とコラボ!【予告編】まぜるな危険!」と題した動画をアップ。

    笠原さんと「ガチ対談」をしたという。「向こうからテクテク歩いてきて、『どこの関取』かと思った。体重も120キロあって、身長も195か197あって、僕も184なので80くらいなので大きいほうですが、一回りどころか四まわりくらいあって非常にびっくりした」と驚愕していた。

    ■今の体重は理想通り?

    なお体重についてはこんな調査がある。しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,343名を対象に、「体重」についての調査を実施。「今の体重が理想通り」と回答した人の割合は、20.8%という結果に。

    一方、「理想と少し違う」と回答したのは48.1%、「理想とかけ離れている」と回答したのは31.1%だった。

    人は常に変化し続けるということだろうか。

    ・合わせて読みたい→坂口杏里、元巨人・笠原将生とYouTubeでタッグ 既に5本の動画を投稿

    (文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
    対象:全国20代〜60代の男女1,343名(有効回答数)

  • 伊織いお、就活生を熱演も 「ありえないくらいセクハラで笑っちゃう」

    2019-11-22 22:0047分前
    伊織いお

    グラドルの伊織いおが最新DVD『Priority Body』(イーネット・フロンティア)の発売記念会見を開いた。

    ■静岡で撮影

    自身2枚目となる本作は、夏に静岡・下田で撮影。父親が三島市出身だが、下田には訪れたことがなく今回が初めて。町の印象について「めちゃめちゃ田舎だと思いましたけど、海や自然がきれいだった」とコメント。

    今回、就活生という設定で作品は進んだ。自身も就活生ということで、「どこかリアルとリンクしている部分もあった」という。

    関連記事:「就活セクハラ」男性も2割が被害者に 「やばくないか…」とネット騒然

    ■就活セクハラも

    就活に行き詰まった伊織が、彼氏と旅行に行くことでリフレッシュをする、というもの。だが就活のシーンもあったが、「リアルじゃありえないくらいのエッチな感じで、笑ってしまいました」と振り返る。

    面接という名の下、企業の上の人に呼ばれてエッチなことをされてしまう(セクハラをされて)、というもの。「面白かったけど、エッチに仕上がっているんじゃないかな」。

    ■氷を使って…

    伊織いお

    また、氷を使ったエッチなシーンでは「手が冷たくて死ぬほど痛かった。でも、身体に滑っていくのがエッチでよかったかな」。プライベートでは「相手が望むなら」と述べるにとどめた。

    また、「ガラスのテーブルを拭いてるところを、下から見えるシーンも。ファンのかたがサンプルを見て褒めてくれて、意外といいシーン」となっているとのことだった。

    【伊織いお(いおりいお)】

    1998年8月13日生まれ/神奈川県出身/T151・B90・W58・H90

    ・合わせて読みたい→元局アナ・薄井しお里、パンチラ撮影に緊張 「早く脱ぎたい!」

    (文/しらべぇ編集部・右京 園次郎 撮影/北川昌弘)