• このエントリーをはてなブックマークに追加
『バス旅』蛭子・太川ロスの中ファンが考えた次の名物コンビ候補
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『バス旅』蛭子・太川ロスの中ファンが考えた次の名物コンビ候補

2017-01-11 21:30
    (画像は『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』公式サイトのスクリーンショット)

    (画像は『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』公式サイトのスクリーンショット)

    2日放送されたテレビ東京系バラエティ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅第25弾』の視聴率が発表され、17時55分から19時までが7.4%、19時から21時までが8.9%だったことが判明。

    太川陽介と蛭子能収が出演するのは今回が最後だっただけに高視聴率が期待されたが、同番組としては低い水準となってしまった。

     

    ■最終回は失敗

    第25弾はマドンナに新田恵利を迎え、福島県の会津若松から秋田県の由利本荘を目指すルート。東北は路線バスの廃線が顕著なため、苦戦が予想された。

    案の定初日からバスが繋がらず右往左往。さらに喜多方で時刻表を確認せずにラーメン屋を探すなどしたため時間を大きくロスすることになる。

    歩けど歩けどゴールへの距離が縮まらず、なかなか福島県を脱出できない展開となり、失敗が濃厚な情勢に。

    しかし、3日目に宮城県仙台市から一気に山形県新庄市に入る路線バスを発見。さらに酒田から由利本荘まで1本のバスで行けることが判明。

    逆転ゴールと思われたが、余目から酒田に向かうバスが土日ダイヤだったため13時30分に終了しており、あえなく失敗に。

    放送後の検証によると、太川が選択したルートはほぼ正解だったよう。

    仙台から一気に新庄に入るバスで「逆転ホームランで感動のゴール」となるはずだったが、最終日が平日ではなかったことが仇となった。

     

    ■太川・蛭子ロスを叫ぶ人も

    視聴率は伸び悩んだものの、太川と蛭子のバス旅はもう見ることはできなくなるため、ネット民からは「ロス」を指摘する声が。

    さてここ数年来ハマっている「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の太川・蛭子コンビがとうとう卒業。この正月は新作、再放送、映画と合計五本も見てしまった。今はまさに『路線バス』ロス状態。一日の終わりに太川氏が生ビールを飲むシーンが実に美味そうで好きでした。さよなら、そして、ありがとう。

    — 西川GoWest (@nishikawagowest) January 6, 2017

    やっと帰宅。
    路線バス乗り継ぎの旅、太川蛭子コンビの最終回から太川蛭子ロスになってる私。

    — 正調5円屋本舗 (@JonathanFactory) January 4, 2017

    ローカル路線バスの旅が終わって、意外とかなり落ち込んでる。
    これがロスってやつか。。。
    はじまった10年前はちょうど社会人一年目の節目。
    家で家事とか勉強とか色々しながら横目で見てたなぁ。
    総集編を見た時、放送当時の感情や出来事を思い出す。
    あぁ、さみしいなぁ。。。

    — さと (@sato19821217) January 3, 2017

    春に路線バスの旅、新たな布陣でやるのだろうけど、きっと太川・蛭子ロスの人が続出するだろう…

    

                                                                        <div class=RSSブログ情報:/2017/01/11/20161054431/

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。