• このエントリーをはてなブックマークに追加
東北の米みそにも負けていない! 熊本マニアが語る「九州の麦みそ最強説」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東北の米みそにも負けていない! 熊本マニアが語る「九州の麦みそ最強説」

2018-03-15 13:30
    (©ニュースサイトしらべぇ)

    みなさんは、家庭で使うみそを買うときに、どのような種類のみそを買っているだろうか。きっと関東では多くの家庭では使い勝手のいい出汁入りのみそや、クセのない米みそを購入しているだろう。

    ■九州メインの麦みそはオススメ

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    そんな米みそメインの地域の人たちにぜひ一度味わってほしいのが、九州地方や愛媛県で愛される麦みそ。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    米みそとの違いは米麹でなく麦麹を使用していたり、麦の粒がふんだんにそのまま入っていることが特徴だ。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    しらべぇ編集部オススメの、熊本県菊池市で作られる麦みそ『養生みそ』は、塩と大豆、麦だけを原料にしており、麦が大豆よりも多く入っている。

    ■さまざまな料理にも使用可能

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    そのため麦の風味がとても強く、みそ汁や豚汁にすると麦みその香りと旨味をぞんぶんに堪能できる、すばらしい逸品になる。豚汁の場合は出汁を入れなくても十分なほど。

    また、それ自体に甘味やコクがあるので、焼きみそおにぎりにした場合も米以外の美味しさをプラスできるため、田舎料理なのにかなり完成度の高い味になる。

    ほかにも熊本の郷土料理のだご汁や、宮崎名物の冷汁、愛媛名物のさつま汁などさまざまな料理にそのまま使えるため、たくさん買っても意外とあまることがない。

    ■熊本空港近くにも直売所あり

    熊本で購入したい場合は熊本空港近くにある農産物直売所『きくちのまんま』でオススメの養生みそが売っているので、そちらがもっともアクセスがいいだろう。

    それ以外に山鹿市の『卑弥呼醤院』や菊陽町の『山内本店』など、有名な蔵元が熊本県にはたくさんある。

    ■ANAファーストクラスの機内食にも熊本のみそが採用

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    ちなみに、熊本へ行くときに使ったソラシドエアの株主であるANAが2012年にフリーズドライのみそ汁を国際線ファーストクラスの機内食に採用されたこともあり、その品質は世界的に優れたものだと認められている。

    みそは飛行機の手荷物に持ち込むことができないので、もし預け荷物をできない場合はそちらのフリーズドライみそを購入するのがいい。

    熊本のみそはあまり県外だとクオリティが高いというイメージがわかないかもしれないが、熊本マニアの記者的には東北にも負けていないぐらい高品質。熊本旅行をした際にはぜひ買ってみてほしい。

    ・合わせて読みたい→ケンミン8万人調査!熊本県民は濃い味つけと忙しく働くのが好き?

    (取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

    RSSブログ情報:https://sirabee.com/2018/03/15/20161519854/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。