• このエントリーをはてなブックマークに追加
『日本じゃんけん協会』が明かす志村けんさんの功績に反響 「偉大すぎる…」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『日本じゃんけん協会』が明かす志村けんさんの功績に反響 「偉大すぎる…」

2020-03-30 20:00
    じゃんけん

    30日にコメディアン・志村けんさんの訃報が伝えられ、各界に大きな衝撃を与えている。そんな中、『日本じゃんけん協会』の公式ツイッターが志村さんの功績を称えたツイートを発し、大きな注目を集めている。

    ■じゃんけん専門アカウント

    『日本じゃんけん協会』では「じゃんけん名言」「失恋じゃんけん」といったアカウントを保有しているが、話題を呼んでいるのは「毎日じゃんけん」という名前のアカウント。

    プロフィール欄に「一日一回、自分の手を決めてから、このtweetを見てね」と記されているように、アカウントとじゃんけんができる仕様となっている。そのため過去の投稿を遡ってみても、「グー!」「チョキ!」といったように、じゃんけんで発生する「3種類の手の形」に関するツイートしか発していないことが確認できた。

    関連記事:長州力、志村けんさん訃報の直前ツイートに注目集まる 「この笑顔の後に…」

    ■突然の路線変更は…

    しかし30日、同アカウントは突如「はじめてグーチョキパー以外を呟きます」と前置きし、「日本でこれほどじゃんけんが広まったのは志村けんさんが考案した『最初はグー』があったからに他なりません」と志村さんの功績について綴った。

    同ツイートは「何よりたくさんの笑いをありがとうございました。ご冥福をお祈りします」と締められている。

    はじめてグーチョキパー以外を呟きます。

    日本でこれ程じゃんけんが広まったのは志村けんさんが考案した「最初はグー」があったからに他なりません。ラジオで間接的ではありますが交流させて頂きました。
    何より沢山の笑いをありがとうございました。
    ご冥福をお祈りします。

    — 日本じゃんけん協会 公式 (@JapanRPS) March 30, 2020

    ■「最初はグー」生みの親

    じゃんけんの掛け声に関するローカルルールは現代でも存在するかと思うが、「最初はグー」という掛け声が最も馴染み深い人は多いことだろう。

    しかし元々は志村さんの「最初はグー、またまたグー。いかりや長介、頭はパー」から始まるフレーズを切っ掛けとし、広く認知されていったことを知らない世代も多いのではないだろうか。

    ■驚きと称賛の声が続出

    ツイートを受け、元ネタを知らなかった世代からは「全然知らなかった。最初はグーを生んだのは、偉大すぎる…」「そうだったのか…。改めて偉大な人を亡くしたのが残念です」など驚きの声が多数上がっている。

    また、リアルタイムでネタを目撃していた世代からは「懐かしい! よく真似しました」「学校でみんな真似したよね」といったコメントが寄せられていた。

    「じゃんけんのルールを統一した」と聞けば、志村さんの影響力がどれほど大きかったか想像がつくことだろう。

    ・合わせて読みたい→小島瑠璃子「志村さんと今日一緒に…」 突然の訃報に悲しみ綴る

    (文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

    RSSブログ情報:https://sirabee.com/2020/03/30/20162289193/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。