• このエントリーをはてなブックマークに追加
天気予報で耳にする「大気の状態が不安定」の意味 警視庁が注意喚起
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

天気予報で耳にする「大気の状態が不安定」の意味 警視庁が注意喚起

2020-05-20 06:00
  • 11
傘(pedro_cardigo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)天気予報で「大気の状態が不安定」という言葉を誰しも一度は聞いたことがあるだろう。普段何気なく耳にする言葉だが、とくに気にせず「晴れ」「雨」といった天気マークだけを見ている人もいるのではないだろうか。

このことについて、警視庁警備部対策課ツイッター公式アカウントの投稿が反響を呼んでいる。

■晴れていても安心しないこと

メガネが曇らないマスクの付け方」や「非常時や避難生活に役立つゲーム」など、有益な情報をわかりやすい内容で発信している同アカウントだが、今回は「大気の状態が不安定」とはどのような状態かを説明。

「上空に冷たい空気、地上に温められた空気がある状態」だとし、空気が安定した状態に戻ろうとする際に雲が発生して、天気が急変する可能性があるとのこと。「晴れていても安心せず天気予報はこまめに確認しましょう」と注意を促した。

天気予報でよく聞く大気の状態が不安定とはどういう状態かご存知ですか。これは上空に冷たい空気、地上に温められた空気がある状態をいいます。空気は安定した状態に戻ろうとしますが、その際に雲が発生し、天気が急変する可能性があります。晴れていても安心せず天気予報はこまめに確認しましょう。

— 警視庁警備部災害対策課 (@MPD_bousai) May 18, 2020

関連記事:『ZIP』人気気象予報士の調理風景に悲鳴 「包丁がないから歯で…」

■天気予報を毎日見ている人は…

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,733名に調査したところ、全体の65.3%が「天気予報は毎日見る」と回答。

男女・年代別で比較すると、年代が上がるほどこまめに天気予報をチェックする傾向にあることが判明している。10代では男女ともに50%を切っているが、若者たちは天気をあまり気にしていないのだろうか。

調査天気予報

また、別の調査では、若い年代ほど「ゲリラ豪雨で傘がなくてずぶ濡れになった経験がある」という調査結果も出ている。

■ずぶ濡れにならないためにも…

ユーザーから「ずっと前から知りたかった」との声もあがった今回の投稿。

ずぶ濡れにならないためにこまめに天気予報をチェックすることを心がけ、もしも「大気の状態が不安定」といった説明があれば、いくら晴れていても油断せずに折りたたみ傘などをカバンに忍ばせておいたほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→藤井貴彦アナ、天気コーナーでのまさかの“失言”が反響 「じわじわくる」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年10月28日~2019年10月30日
対象:全国10代~60代の男女1733名 (有効回答数)

RSSブログ情報:https://sirabee.com/2020/05/20/20162329386/
他1件のコメントを表示
userPhoto
ume
×
降水確率ゼロでも折り畳み傘を持ち歩いているから、無問題
1週間前
×
警視庁警備部災害対策課の注意勧告っていうのがすごいな。
天気予報のキャスターやサイトがその場で説明した方がいいのに、全くしないからとうとうガチ切れしたみたいで怖い。
マジでゲリラ大雨や強風雨は折り畳み傘程度でなんとかなる天気でないからな、今は。
1週間前
×
雨合羽常備の自転車乗りに隙は無いんだよなぁ
1週間前
×
まあ気象学からすると「不安定」はちゃんと定義のある言葉だからね
絶対不安定、条件付不安定を多少わかりやすく「大気の状態が不安定」と言い換えてるのよね
TVじゃ尺も限られるし、天気が崩れやすくなってる捉えて貰えれば
1週間前
×
あくまで「予報」だからね、参考にはなる
1週間前
×
頭痛が起こりやすい
1週間前
×
折りたたみ傘は常に持ち歩く
1週間前
×
だが、しらべぇだ
1週間前
userPhoto
SAi
×
「ずっと前から知りたかった」といった声を見ると、ググりゃすぐ出てくるのになんで調べようとしないんだと毎回思う
1週間前
×
高解像度降水ナウキャスト見ながら行動してる
1週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。