• このエントリーをはてなブックマークに追加
『スッキリ』加藤浩次、スマホ世代の電話ジェスチャーに衝撃 「おれらの時代は…」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『スッキリ』加藤浩次、スマホ世代の電話ジェスチャーに衝撃 「おれらの時代は…」

2020-07-17 14:30
    加藤浩次

    約5000年前の古代エジプトの遺跡から「近頃の若いもんはけしからん…」という意味の象形文字が発見されたエピソードもあるように、いつの時代も世代間のギャップは生まれてしまうもの。

    17日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、「スマホ世代」に関するジェネレーションギャップに注目が集まった。

    ■定番の2パターン

    番組冒頭で水卜麻美アナウンサーは、MCの加藤浩次と近藤春菜に、「電話のジェスチャーやってもらっても良いですか?」と提案。

    これを受け、加藤は電話を握っているような手つきを作り、自分の耳元に添えてみせた。一方で近藤は掌は握りつつ、親指と小指のみを立たせた状態で手を耳元に当てている。

    関連記事:『スッキリ』近藤春菜が“体調不良”で番組を欠席 その理由に「大丈夫なの…?」

    ■スマホ世代の正解

    元々は加藤も近藤と同じジェスチャーを使用していたようだが、お笑いコンビ・EXITの兼近大樹らの指摘を受けて手の形を変えるようになったと告白。「おっさん」とイジられることを回避したいとコメントし、スタジオの笑いを誘った。

    しかし時の流れは残酷なもの。スマホ世代の少年少女たちは「手をパーに開いた状態」で耳元に添えるのが、スタンダードになりつつあるという。番組内では海外の10歳、13歳の子供たちが「電話で話しているフリをして!」と呼びかけられ、開いた手を耳に当てる映像が放送された。

    ■固定電話を使用したことがない?

    新世代のジェスチャーを目の当たりにしたスッキリ一同は、納得した表情を見せてジェスチャーを真似てみせる。加藤が「おれらの時代はこうだよね!」と指を立て、近藤と頷き合う一幕も。

    「パーにした手」がスマホ本体を表しているのか、スマホを持った手の形を模しているかは個人差がありそうだが、固定電話の受話器と関連がないことは明らかだろう。

    試しに記者が小学4年生と2年生の子供を持つ40代男性に話を聞いてみると、「子供たちは固定電話は未経験」という回答が。

    ■視聴者からも驚きの声

    ジェネレーションギャップを感じた視聴者はかなり多いようで、ツイッターでは「今の若者はそうなるよな…」「時の流れを感じて寂しくなった…」といった驚きの声が多数上がっていた。

    ちなみに手話で「電話」を表す際は親指と小指を立てた状態で耳元に手を添えるが、「スマートフォン」を示す場合は片手の掌を別の手でスワイプする動作になるようだ。

    ・合わせて読みたい→『スッキリ』近藤春菜、本番中のおやつ隠れ食いが大ウケ 食べていたのは…

    (文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

    RSSブログ情報:https://sirabee.com/2020/07/17/20162371328/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。