• このエントリーをはてなブックマークに追加

俺は抱けるさん のコメント

DEBUさんにはマルゼンで5Lでも着てろ。カッコよく、かわいく着たいなら痩せろって話。病気、先天性障害以外で太っている奴は甘えだからな
No.2
13ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
26日、カリスマホスト・ ローランド が自身のYouTubeチャンネルを更新。彼らしさのあふれるアパレルブランドに、ファンから反響が相次いでいる。 ■クリエイティブディレクターとして参加 この日、チャンネルではローランドが立ち上げたアパレルブランド「CHRISTIAN ROLAND」の撮影会に密着。大好きだという映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の登場人物であるクリスチャン・グレイにちなんで名付けたという。 そんな同ブランドだが、撮影会ではモデルたちに指示を与えるクリエイティブ・ディレクターとして参加。抜群のスタイルを誇るローランドなだけに、撮影スタッフは「モデルはしないのか」と質問する。 関連記事: ローランド、自称東大生の学歴イジりに秀逸な返し 「さすが」「惚れた」 ■ファングッズにしないのが理由 すると、ローランドはその理由を「自分が前面に出るよりも、色んなモデルの方たちでプロモーションしたいなって」「僕が広告塔として出てたら、ファングッズになっちゃうじゃないですか」と説明。 手掛ける商品はデザインをしっかりと作り込んでいるそうで、「グローバルなブランドになってほしいんで、自分の色がつきすぎると売れるものも売れなくなってしまったりとか」「未来を考えるとこういうスキームでやったほうがいい」と、ビジネス的な観点から述べた。 ■ぽっちゃり向けサイズは… 参加しているタキシードデザイナー・横山宗生氏が「ローランドさんの生き方を着るブランド」と形容するなど、ローランドの美意識が表れた同ブランド。 それだけに、消費者に安易に迎合するつもりはないようで、ぽっちゃり体型のディレクターのソン氏が自分にも合ったサイズが欲しいと伝えると、ローランドは「ソンさんは着れない」と一刀両断。 ぽっちゃり向けサイズを提案した横山氏に対し、「甘やかさないほうがいい」と返しつつ、「市場に媚びないブランド」「うちのブランドを着たかったらしっかりとトレーニングをしよう」とブランディングについて語った。 ■「さすが」「容赦ない」 今回の動画に対し、コメント欄では「さすがローランド」「相変わらず容赦ない」「ソンさんは着れない。痩せないと!」「キッパリ言うのが好きだわ!」「ガリガリも多分着こなせない服なんだろうな」などの声が相次ぐことに。 日々のトレーニングなど、ストイックな生活で知られるローランド。手掛けるアパレルブランドにも、彼の美意識の高さが浮き彫りになっていると言えそうだ。 ・合わせて読みたい→ 木梨憲武、ROLANDの髪をカット? 意外なツーショットに反響相次ぐ (文/しらべぇ編集部・ 宝田洸太 )
しらべぇは、「気になるアレを大調査ニュースサイト」。 世の中の話題や気になるネタを独自調査で深堀りし、その結果を配信します。