• このエントリーをはてなブックマークに追加
シバター、”人気YouTuber大規模飲み会報道”に一石 発言が注目を集める
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

シバター、”人気YouTuber大規模飲み会報道”に一石 発言が注目を集める

2021-06-25 14:00
    シバター

    人気ユーチューバーのシバターが、25日に自身のYouTubeチャンネル『PROWRESTLING SHIBATAR ZZ』を更新。24日夜に報じられたトップユーチューバーたちによる大宴会報道に言及し、話題になっている。


    ■今回の宣言は「性質が違う」

    緊急事態宣言下の今月18日に、人気ユーチューバーらが、都内で深夜までパーティーを開いていたことが『文春オンライン』で報じられた。参加していたとされるユーチューバーの中には、チャンネル登録者数が100万を超える人も少なくなかったという。

    緊急事態宣言下であることや、大人数であること、また長時間にわたったことなどが批判を浴び、ツイッターで「YouTuber」「謝罪動画」など関連ワードが次々とトレンド入りする事態となっている。

    自身もユーチューバーであるシバターは、報道を受けて「まず思ったこと」として、昨年最初に発出された緊急事態宣言と今回の宣言では「性質が違う」と切り出す。


    関連記事:コロチキ・ナダル、シバターの暴露動画に驚き 「全部事実」

    ■断罪しつつも視聴者に問いかける

    コロナ禍が1年以上続いていること、延長が重なり自粛慣れしていることから、外を出歩く若者を見かけると話す。「まあ緩くなってるね、若い子たちは」と感想を述べ、「ユーチューバーもそうだよね。基本みんな若い子だからさ。意識はだいぶ緩んでいて、会食とかしちゃうよねっていう」とつづける。

    その上で「こいつらのことを擁護するつもりはない」と前置きしたうえで、この記事を読んで怒りをおぼえた人たちに向けて「じゃあ、怒っている皆さまは、緊急事態宣言が出てから、まるまる1年以上経ちますけど、1回もご友人と会食行ってませんか?」と問う。

    会に参加したユーチューバーらを「有名人だし一般人より気をつけなきゃいけない」「意識低い」としっかり批判しつつも、「彼らに石を投げられる人間は、2021年6月の日本においていないんじゃねえの? っていう。胸を張って堂々と彼らのことを批判できる人ってもう少ないよね」と再び問いかけた。

    ■「早くワクチンを」と結論

    シバター自身も、出張先ではなるべくビジネスホテル内で食べるようにするなど心掛けているそうなのだが、やはり仕事関係者とはどうしても会食をする機会はあるという。しかし、完璧に守れていないからこそ、今回のユーチューバーの行動を批判することはできないと話す。

    自粛の期間が長く、国民に我慢を求めるのは限界があるため、「早くワクチンを行きわたらせることが大事」と結論づけた。


    ■視聴者の反応は…

    ただ批判をするだけでなく、報道されたユーチューバーたちの目線にも立ち、現在の社会が置かれた状況について持論を展開したシバター。

    動画のコメント欄には、「我慢の限界が来ていたとしても30名越えは時期尚早」「このご時世で31人で大パーティーはさすがに早いわ」と一般的な会食と31人にもおよぶ今回の会との違いに対する声が見られたが、中には「言いたいこと全部言ってくれてて最高」「そのとおり」と共感する声も。

    25日午後1時時点で2,000件を超えるコメントが寄せられるなど、動画が多くの反響を呼んでいる。

    ・合わせて読みたい→松本人志、“大人数会食”報道の石田純一に苦言 視聴者からも呆れの声

    (文/しらべぇ編集部・清水 翔太

    RSSブログ情報:https://sirabee.com/2021/06/25/20162603844/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。