【ICT用語辞典#2】クラウド(cloud)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ICT用語辞典#2】クラウド(cloud)

2020-08-30 23:50

    インターネットがあれば,どこでも どの端末でも同じサービスが受けられます。

    【ICT用語辞典#2】クラウド(cloud)

    ---- SKA’s blomaga written on 2020/08/30 ----

    はいみなさんこんにちは。SKA’s blomagaへようこそ。この記事は月に1回 実写動画,バーチャル動画,そして文章の3形態でお送りする「ICT用語辞典」です。他バージョンはこちら↓

    前置き

    先月は先々月の「時代はクラウド」発言で話題になった「サーバー」の概念を茶番動画を含めて説明してみました。

    今月はクラウドの概念を説明していこうと思います。ちなみに群衆(crowd)の方ではなく,雲(cloud)の方のクラウドを説明します。

    言葉の意味

    まず,言葉の意味ですが,今言ったとおりクラウドは英語で,「雲」って意味です。ちなみに略さないと「cloud computing」と言い,「雲の上での情報処理」という意味です。

    なんでなのかと言うと,利用者から見えないもやもやしているものということで,図で表すときにインターネット上の機器で表現していたから,みたいです。

    言葉の意味はさておき,具体的にはどんな感じなのか,クラウドの便利さを表現した茶番アニメーションを作りましたので,見てみましょう。

    具体例 茶番

    その1 どこでも同じデータ

    びん「さーて,今日は旅行に行くぞ!」
    〜移動〜
    びん「明日は旅行動画を編集するし,今日のうちに前の動画を編集しておこ」
    びん「撮影データはクラウドストレージさんにあるから問題なく編集できるね」

    SKA「こうして無事に編集できましたとさ」

    その2 どこでも同じサービス①

    iPhone「ぴんぽん」
    びん「あ,なんかメール来たみたい。返信するのが楽だし,パソコンで見よう」
    びん「なになに? 来週の勉強会のLTの募集ね…… 自然言語処理の話でもしようかな。返信と」

    SKA「スマホとパソコンで同じメールアカウントが使えます」

    その3 スペックが低くても

    びん「今日はお休みの日だし,スマホひとつだけ持って,外出しようかなー」
    SKA「あ,最近コロナひどいので自粛お願いします。あ,行っちゃった……」
    びん「あっ,ちょっと面白い画像処理の手法考えついた。さっそく試してみよ」
    〜スマホでプログラミング〜
    びん「スマホしか持ってきてないからプログラム書けたけど,スペック的に動かせないな…… あ,クラウドさん計算お願い!」

    SKA「例えばスマホのカメラの映像をクラウドに送って,クラウドに物体認識させて,スマホに認識結果を返せば,スペックの低いスマホでもリアルタイムで動く画像認識アプリを作れます」

    解説

    はいという感じです。

    今の例で分かったと思いますが,クラウドというのは「インターネットを通して,どこでもどの端末でも同じサービスが受けられる」ことです。ぶっちゃけ「時代はクラウド」なので,当たり前のことですよね。

    まあ最後の例は茶番なので,外で思いついたプログラムをそのままスマホで書くというおかしな状況ですけど,クラウドで処理することでスマホで重たい動作をさせるというのは日常的なことだと思います。最近だと例えば,顔写真の年齢や性別を変えるアプリがありますよね。まあああいうヤツです。

    ちなみに,「クラウド」という言葉は2006年にGoogleが言い出したのですが,実はインターネット黎明期からネット上でどこでもどの端末からも同じサービスを受けられるっていう構想はあったそうです。ただ,当時はコンピューターの性能やコストの問題があったので普及しませんでした。2006年頃というのは静的なWebページだけではなく動的なWebアプリが盛んになってきて,携帯も普及した時代なので,おそらくこれから流行るだろうと思ったGoogleは商売道具として強そうな名前を付けたんでしょうね。

    じゃあ逆にクラウドが普及してなかった時代はどうだったかと言うと,
    その1では外付けストレージにデータを入れて持ち歩く必要がありました。
    その2ではフォルダー分けが他の端末には反映されなかったり,送信した端末にしか送信済みメールが残らなかったり,ってことがありました。
    その3はスペックが足りなかったら諦めるしかないですよね。
    あとは動画共有サイトもクラウドですよね。それがなければ,動画を公開したい人は自分でサイトを作って動画を公開する必要があります。

    終わりに

    はいということで,ICT用語辞典2回目は「クラウド」についてでした。ソシャゲやSNSもそうですし,みなさんのスマホに入っているアプリのほとんどがクラウドサービスなんじゃないかと思いますが,どうでしょうか。

    てことで,もし良かったらフォローやコメントしてくれると大変励みになります。動画も見てみてください。ではまた!

    具体例 茶番(オチ)

    その4 どこでも同じサービス②

    びん「あぁこの曲いいよねー。あ,でもそろっと料理しないと。」
    びん「アレクサ,ICT用語辞典のBGMかけて」
    アレクサ「はい,ICT用語辞典のBGMを再生します。」

    (ED)ネットを介してどこでもこの動画を再生できる

    素材提供

    • 画像
      • いらすとや
      • きまぐれアフター
    • 使用フォント
      • 千都フォント「ヒラギノ角ゴ」

    ---- SKA’s blomaga ----

    トップページへ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。