「Myosotis/鶴丸国永」の小噺
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「Myosotis/鶴丸国永」の小噺

2020-07-08 09:00


    当初、作る予定がまっったくなかった動画です。いつの間にか手が動いてたんだ...。

    お絵描きのほか、色々とタスクが重なっていたのでMMDをいじるのはしばらく後かな~と思っていた時期でした。その頃に日課になってるニコニコ動画漁りをしていた時にこのモーションに出会いました。

    「Myosotis」は知ってる方なら知ってる、「Deemo」のあの名曲です。わたしもこの曲が好きでよくプレイしていました(全然スコアは伸びませんが)。なので、「この曲にモーションが???」というショックを抱えたままいつの間にかダウンロードしてました。振付け、またモーションを作って下さった方、ありがとうございます。

    曲の雰囲気を生かして神聖っぽさを出すため、今回も「鶴丸国永を白に溶かす」気持ちでエフェクトを重ねました。ただ前回とは違い、ぺたっとした絵のような感じにしたいと思いました。モデルさんのシェーダーは真城さん配布のCroquis改変をお借りしています。
    Twitterの進捗アカでも呟いたんですが、白の時は「さよなら、少女のわたし」赤の時は「地獄より愛をこめて」という名前のエフェクトを入れているんですがめちゃくちゃエモくないですか...?エフェクト作る方のネーミングセンスすごいです。ほしい。

    曲調がガラッと変わるのに合わせて色合いもですが表情も対照的にしてます。
    白:真剣→微笑→猜疑→真顔
    赤:狂気→愉悦→苦痛(そのまま白へループ)
    隠れモーフも使いつつ、いつも以上に全開の表情を作りました。ダーク鶴丸国永もたまにはいいよね。とあるMMDerさんが話されていたのですが「瞳が小さくなるより、通常より大きい瞳の方が恐怖と狂気を感じる」というのを思い出して少し取り入れています。作っていてなるほどなぁと理解しました。

    その他、ちょっとしたこだわりポイントは、
    1.お花
    白の時は周りの鳥かごに曲名の勿忘草を入れています。赤の時は一瞬くらいしか映りませんが黒百合と赤バラを後ろに入れています、愛をこめて。

    2.雨
    色変わり前の時に白い雨を降らせたのですが、理由としてそのタイミングの歌詞が「when my love fall out of the sky as mournful rain.」(直訳:私の愛が哀悼の雨として空から落ちるとき)だったためです。ワンポイントで入れてみました。

    投稿時にDeemoが好きな方からちらほら反応を頂けてうれしい気持ちでいっぱいでした!衝動で作ったものだったのですが見て頂けて良かったです。
    最後に、「aria」って叫び歌う鶴丸国永っていいですよね。

    ここまで読んでいただきありがとうございました!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。