【狩猟】猟師になろう! 第4回【猟銃】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【狩猟】猟師になろう! 第4回【猟銃】

2014-07-15 01:30
    名古屋で遊んでました。飯が美味しくていい街ですね。(2日で3kg太った)

    さて前回までのあらすじは
    最難関 教習射撃

    これでしたね。

    補足なんですが現在東京都は教習射撃の認可が「早くても四ヶ月」ぐらいかかるそうです。神奈川や埼玉は早ければ1ヶ月ぐらいらしいので東京都在住の方はお早めに!!

    さぁ残りは所持申請。

    今回はこの話と、近年の射撃場事情を銃砲店の方とお話したのでそちらを


    まずは所持のお話
    「猟銃を持ちたいので警察が把握した上で許可してくれ」

    概要はこんな感じ

    まずは持ちたい銃を選びましょう。
    お近くの銃砲店に行ってみて軽く雑談
    どんな雰囲気の人なのか知れるとGOOD

    あと、銃砲店によって「クレー射撃向き」だったり「狩猟向き」結構個性があります。
    大体は店主の趣旨に沿って決まってる感じだと思う。

    長い期間お世話になる銃砲店ですから、性格の合う店員さんがいたほうが今後のためにいいと思います。

    それと近いほうがよく顔出せるので親交も深めやすいです
    お客さん同士も雑談とかして情報共有したりしてますね

    銃選びは人によってだいぶ変わると思います。
    その中でもこの3点のどれかに分けれる

    見た目重視
    「やっぱ銃はかっこよくなくちゃ!!」「あの映画で使ってた銃が欲しい!!」
    世論では「軽薄」と言われてしまうかもしれませんが俺はいいと思います。
    そう思えなかったら銃や銃猟に興味を持てなかったわけですから
    それを機に色々知れれば問題ないと思います。

    性能重視
    「弾道がブレない」「ハイパワーで撃てる」「軽量で持ち運びしやすい」
    とても現実的です。実際飾っておくだけではないので性能を重視したくなります。
    そして性能が良ければ腕も多少カバーできるので猟果が上がり、モチベーション向上にもつながると思います。

    コスパ重視
    「安いにこしたことはない」「見た目ボロでもちゃんと撃てれば気にならんから」
    確かに銃はピンキリです。安く買おうと思えば3万円台から買えますし、引退した方なんかがタダでくれる場合もあります。


    この三つを自分にあったバランスで配分すると理想的な銃に会えると思います。

    俺の場合は
    見た目6:性能3:コスト1
    ぐらいの比率でした。
    ただ、タイミングが良く希望に沿った銃が安価で買えました。
    性能というよりは本数作られている銃だとリペアやサードパーティー製のパーツなども多く、長く使う上で重視しました。

    新銃を買われる人はそこまで関係ありませんが中古銃はタイミングが悪いと妥協する羽目になるかもしれません。
    実際に構えてみると重すぎたり、想像してた見た目と違ったりあると思います。教習射撃修了証があれば銃砲店で銃を触ることができるので、ぜひ実際に触ってみてください。

    そして欲しい銃が決まったら保管するためのロッカー(ガンロッカー)も買いましょう。

    エアライフルも散弾銃も必ずガンロッカーで保管します。
    さらに散弾銃の方は弾を保管するための装弾ロッカーも必要になります。


    こんな感じの事務ロッカーみたいな感じ。
    二丁用とか五丁用とか種類は結構あります。
    値段は新品で2万~5万円ぐらい。
    後々買い換えるのもめんどくさいので俺は5丁用買いました


    装弾ロッカーはこんな感じでガンロッカーを短くしたようなもの

    これを
    「簡単に持ち運ばれたりしないように固定すること」
    ガンロッカーと装弾ロッカーは離れて固定すること

    基本的に壁面などにビス打ちで固定ですが、借家などで家主の許可が降りない場合などビス打ち意外にも手はあります。

    ・重量を増やす
    単純に土袋や鉄アレイなどをロッカー内部に入れ、重量を増やすという手段
    警察署によってはNG出る可能性もあるので保安係の方と要相談

    ・持ち運べない形状にする
    これは金庫などの保管に使われる手段なのですが
    真上から見た図で説明します

    このようにロッカー内部から床に敷いた板などにロッカーを固定します
    そしてロッカーの後ろ側を壁と強力な粘着テープで固定します。
    そうすることによって壁から剥がそうにもロッカーを掴む際に板の上に乗ることになり自重で動かせなくなります。

    これも所轄の警察次第なところもあるのでしっかり相談しましょう

    それと借家の場合は事前に家主さんとお話する事を勧めます。
    最悪の場合、賃貸契約に違反し、強制退去になる可能性もありますので。

    銃とロッカーの購入手続きが終わったら申請です。(まだ銃は持てません)

    前回の教習射撃の申請で1度調べた身上を再度調べられます。

    必要なもの

    ・申請者の写真2枚
    ・医師の診断書(前回のものと同じ書式)
    ・戸籍抄本
    ・住民票
    ・講習修了証(前回の記事の猟銃等初心者講習会後に貰えます)有効期限3年
    ・教習修了証(前回の記事の教習射撃後に貰えます)有効期限3ヶ月
    ・経歴書(前回と同じ)
    ・同居親族書(前回と同じ)
    ・譲渡等承諾書(後述)
    ・破産手続関係市町村証明書(前回と同じ)
    ・誓約書(銃刀法第5条関係)
    ・誓約書(銃刀法第5条の2項関係)

    警視庁HPにはこれしか書いてありませんが俺は他に

    ・猟銃所持許可申請書
    ・所持申請をする銃の全景とライセンス番号の刻印アップ写真
    ・狩猟免状(狩猟免許の話の時に詳しく話しますが狩猟の免許証みたいなもの)

    これも要求されました。(都道府県により必要ない場合もありますのでご確認を)

    この書類を揃えて平日の朝8:30から夕方5時までに(会計の手続きもあるので4時までが理想)警察署に提出

    1時間ぐらい面談があります。話す内容は教習射撃の申請の時と大して変わりません。
    結構意地悪な質問とかもされますが笑顔で受け流しましょう!

    俺の時はエアライフルと散弾銃同時だったので中々チクチク言われましたww

    さてここで先に紹介した
    譲渡等承諾書
    の説明をしましょう。

    これは何かというと「所持する銃の元の持ち主からの譲渡証」になります。

    大前提として日本の銃所持は基本的に
    「一銃一許可制」
    1つの銃に大して1人しか許可は降りません

    講習会等でも問題に出ますの忘れないように

    ・1本の銃を複数人で所持することはできない。(ガンシェアの禁止)

    なので射撃場に行っても銃は貸してもらえません。

    猟場で人の銃を借りるのも違法です。

    使用や所持するためには「自分の銃」として許可してもらう必要があります。
    その際に必要なのがこの譲渡等承諾書

    知人などから譲ってもらう場合でも、銃砲店で購入する場合でもこれは必要になります

    銃砲店などで購入する場合譲渡等承諾書と所持許可申請書は作ってもらえる場合もあります。

    なので「銃が決まってからしか申請できない」ということです。

    教習修了証の期限が3ヶ月なので、それまでに申請を出さないと再教習になってしまうので注意!

    申請が終わったら大人しく待ちます。

    身辺調査などを「所轄の保安係」が調べるので教習射撃の申請よりは早く進みます(事前に1度やってますからね)

    そして警察官が自宅のロッカーを見に来ます。
    先に述べた
    「簡単に持ち運ばれたりしないように固定できているか」
    の確認です。

    もちろん部屋の状態も見られるので、散らかっていたり、変なものが飾ってあったりしないようにしましょう。

    「○○たんは俺の嫁だから変なものじゃないお!デュフフ」みたいな状況は避けましょう

    貴方の嫁でも警察官から見ると2次元の女の子です

    いい心象を持たれる可能性は限りなく低いです。

    大事なお嫁さんはその日だけでもしまっておきましょう

    すべての調査が終わったら許可が降ります。

    その許可証があれば銃は貴方の物になります、早めに迎えに行ってあげましょう。

    長い長い手続きはこれでおしまい(毎年報告義務はあるけど)

    次回ぐらいからは狩猟免許に関してお話しましょう。

    と、ここで先日銃砲店でちょっとしたお話をしてきました。

    話題としては「東京オリンピック」が本筋

    前にお話した通り、2014年現在東京都には射撃場がありません。

    ということは教習射撃をするために必ず県外まで行かなくてはならないということです。

    都道府県単位で認可を出している猟銃、なのに東京都に射撃場がないのはおかしいのでは?

    もちろん音もなりますし鉛被害の関係もあります、何より銃を持った人がうろつくというのは近隣からすればいい迷惑

    そこで銃砲店の方々は都議員と話をしたことがあったそうです。

    そこで候補地に上がったのが
    「お台場」
    みなさんご存知のようにあそこは埋立地です。

    法律上埋立地は基礎を必要とする建造物を20年建てれないそうです。

    そうなればクレー射撃場は持って来い!ということで石原知事の頃に話を進めていたそうですが、周りからの茶々もあり石原知事も退任され話は立ち消え

    他にも羽田空港の滑走路下部分が未使用のまま空いているそうで、そこにライフル射撃場を!という話もあったそうです。

    なぜこれがオリンピックの話になるかというと

    クレー射撃でオリンピックを目指そうにも近くに射撃場がない!練習する場所が遠くて競技人口が減る!ということ

    実際日本人向きのオリンピック競技って数少ないと思います。
    マラソン・水泳・レスリングなどの体格差をものともしない競技もありますが、やはり陸上競技系は不向き

    店主さんとも同意見だったのですが
    「繊細な競技」
    というのは日本人骨格に向いているんだと思います。

    クレー射撃など特に

    体格が関係しないかというとそうでもありませんが、他競技に比べれば大したことありません。

    日本でオリンピックをするなら「勝ち目のある競技で勝つ」でいいんじゃないかな

    TVとかもクレーや弓道などをもっとピックアップして競技人口増やすべき

    解説者がちゃんと説明して面白おかしく魅せれば興味を持つ方も増えると思いますがね

    だからこそオリンピックを餌に・・・ゲフンゲフン、オリンピックを機に東京に射撃場を作るよう提言していきたいと思います。次回の嘆願の際には俺も参加します。

    浅田真央に憧れ、スケート選手になるように、北島康介に憧れ、水泳選手になるように

    クレーの選手や競技に心打たれ、銃の世界に足を踏み入れる人が増えたらいいなと切に願います


    といったとこで今回はここまで!

    最後まで見て頂きありがとうございます♪

    第一回:ar475838
    第二回:ar569273
    第三回:ar569296
    第五回:ar682176

    PS:仮ですが狩りコミュ作りました(激寒)
    興味のある方参加お願いします!!(アイコンも募集してるよ!!)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。