ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ロケット禁止】ベルのシャインを取ってみたの原理をざっくり解説するよ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ロケット禁止】ベルのシャインを取ってみたの原理をざっくり解説するよ

2021-06-19 07:30

    まずは動画を見てね → https://youtu.be/7pQFVlMAEjY









    このバグ技は見た目以上にとんでもない性質をしています 原理を説明する前に何が必要な条件かを解説します

    1つ目はバグが発生するときに水中であるということです
    2つ目は会話を発生させる必要があるということです
    3つ目は水面判定に捕まらないように水面判定と地面判定の境目を用意することです

    それでは原理について説明していきましょう 2つ目の必要な条件、会話を発生させる為に木箱屋のおっさんのタイマーが0秒のときに地面にいると会話が発生するのを利用します
    ※以下0秒タイマーと呼びます

    0秒タイマーは地面につかない限り木箱屋の外に持ち運ぶことができます 水中なら地面ではないので会話が発生しないということです しかし、このままでは水中で会話を発生させることができません そこで出番なのがフルーツです(樽でも可能)
    フルーツなどの掴めるものを水中で掴もうとすると0秒タイマーが発動し、会話することが
    できます これは3か4年前にあのヤシ抜けを発見したtouval氏が見つけた技です

    ただ、普通に掴もうとすると会話ができるだけで上には上昇しません 大事なのはおっさんの反対の向きでものを掴むと上昇が発生するということです 正確にはマリオがおっさんの向きに振り向き直そうとするエネルギーで上昇が発生します  
    仮に掴んだときのY速度を12とすると掴んでから振り向くまでの数フレーム(F)の間Y速度がかける乗されていきます (12×12)→ (144×144)→ (20,736×20,736) = 429,981,696

    なんと瞬間Y速度は4億2千万いくということです しかし、これだけの速度があっても恐ろしいことに水面判定はばっちりマリオを捕らえます このままでは空には飛べません
    そこで登場するのが最後の船です 船の底はちょうど水面判定のところにあり、地面判定でもありません ということは水面判定を突き抜ける、ゆえに判定を騙すことができます(発見者私)

    これでめでたく空に飛ぶことができるわけです 残念ながら? Y速度は億ではなく瞬間的に減っていくのでロケット保存を20数回貯めた速度に収まります


    最後に URLは私の動画ではないのですが原理を説明してほしいというコメントが見られたので今回の記事を用意させていただきました 私事ですがとても難しいのに私が発見したバグ技を採用して動画にしてくださって本当にありがとうございました この動画が伸びてマリオサンシャインの面白さが少しでも伝われば幸いです みかん







    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。