私的クソギャルゲーランキング(仮)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

私的クソギャルゲーランキング(仮)

2019-02-24 14:57
  • 2


みなさん、お久しぶりです。 



前回の記事は女装系主人公をテーマに記事を書きましたが、



なんと閲覧数12000、総コメ50以上を到達しました!!!



沢山の人が自分のブログを読み、コメントまでして頂いたことに感謝の限りです!!



そして、コメントにもありました【恋する乙女と守護の楯】を購入したので


そのうちやりたいと思います!























と言う事で本題に移りましょう....












今年に入り、僕は....













クソギャルゲーという謎のジャンルにハマってしまいました!!















何故、こんなジャンルにハマってしまったかと言いますと、





とある知り合いにオススメのギャルゲーを聞いたところ、


「ぱにっくちゃんっていうクソゲーがありましてぇ...」



この一言です。


オススメを聞いたのにクソゲーを勧めてくるのはどうかと思いますが


この一言でクソギャルゲージャンルの沼に落ちてしまいました。




そして今年に入り、クソギャルゲーと言われる作品を色々探し、



現在5作品までプレイしましたので



私的クソゲーランキングを作りました。





ネタバレもありますので閲覧には注意してください。












では、発表致します....


















































第5位

破滅のマルス








第5位に輝いたのは




【破滅のマルス】です。





内容としましては、


アメリカの火星有人探査機は“火星人の痕跡”の回収に成功したものの、


その帰路、トラブルにより日本上空で爆発四散してしまう。


その日から人が突然変異し、人を襲う事件が続出しはじめ、火星からの謎のウィルスによるものとされた。


治療法はなく、その化け物を「遺跡人」と呼称し、秘密機関AAST(アースト)が処理していた。


対遺跡人兵器・特殊防護服「マルス」を装着できる日向タケルとAASTの特殊部隊の隊員たちが傷つきながら戦う先に待ち受ける運命とは?




はい、設定は結構良いです。



設定だけは...




まず、このゲームは迫力あるアニメシーンを売りにしているのですが、


アニメシーンがあるのは最初の1章のみで安定しない作画...


自ら売りにしているアニメシーンなのに全く力が入っておりません!!


そして、ダブルサークルバトルシステムが不親切な作りになっており、
(通称、DCB)


いきなり理解するのは不可能なバトルであり、


その上、最初の戦闘が一番の難関で


ゲーム進行する上で、足止めを喰らいます。


このシステムによりゲームテンポを一気に悪くしております。


ただでさえアニメ、システムが悪いのにBGM、シナリオも酷いです。


BGMに関しては


ほぼクラッシクを使っており、


オリジナルBGMが2,3個くらいしかありません。


是非、ゲームのオープニングを見て頂きたいのですが、


オープニングで使われているのは


ワルキューレ騎行】です(笑)


こんなゲームはかつて目にした事はあっただろうか....


そしてシナリオについても


そこら辺の厨二病の学生に書かせたレベルのテキストです。


参考までに画像を
















とにかく、テキストが汚いのです。


マルスの設定として、マルススーツを着ると破壊衝動に駆られてしまう事がありますが


ここまで酷いとは思いませんでした。


さらに言うと、3枚目の「ひゅう、やるじゃねえか」は



絶対にコブラを意識してますね(笑)



まだまだクソな部分が多くあり、語り足りませんが


キリがなくなってしまいますのでここまでにしておきます。


最後に、【破滅のマルス】には


ゲーム映像+多少の修正を入れたOVAが存在し、


日本ではあまり知られておりませんが


海外では伝説のクソアニメとして名を知られているらしいです(笑)


ニコニコ動画に上がっているので気が向いたら自分の目で確かめて下さい。



あまりの酷さに絶句すら起こらず、乾いた笑いが込み上げて来ますので...






















第5位
THE恋愛シミュレーション私におまカフェ







第5位に輝いたのは


【THE恋愛シミュレーション 私におまカフェ】




あらすじは


交通事故で亡くなった両親の遺志を継ぎ、主人公は高校生のまま喫茶店を経営することになる。店の経営やコーヒーのブレンドに気を使いつつ、彼の周りには様々なヒロインが集ってくるのだった。


うん、本当にシンプル(笑)


上記に記載しました通り、主人公の両親が交通事故で他界したため、


両親が経営していた喫茶店を主人公が引き継いで高校生ながら


店長として経営していくお話になっております。


飲食店にも関わらず店内にゴキブリが飛んでいたり


主人公の下心で雇っている女の子達にサンバの格好をさせたりで


ツッコミどころが多いです(笑)






ストーリーはsimpleシリーズの安価な作りになっていますが


良くも悪くも普通に遊べるレベルには楽しいです。


しかしながら、イラストとシステム面の悪さから今回のランキングにノミネートさせて頂きました。


そのシステム面ですが、2002年のゲームにも関わらずCG鑑賞モードは搭載されていない、


テキストウィンドを消せない、主人公のあだ名を最初に決めるのですがあだ名で呼ばれることがない、文章スキップ・バックログ機能が搭載されていない、経営システムがあるのにも拘わらず、


特に意味がない...


と上げたらキリがない程、システム面がぼろぼろなのです。


まぁ所詮は安物ゲームだから仕方ないと割り切るしかないですね(笑)


この作品は実況動画が結構上がっているので少しでも気になった方がいましたら


是非見てください....































第4位
Catch!~気持ちセンセーション


続いての作品は


パンドラBOXシリーズより


【Catch!~気持ちセンセーション~】











あらすじは


主人公・里見英彦は幸せの絶頂にいた。ずっと憧れていた少女・本間あゆりと同じ高校「紫明院学園」に合格できたからだ。

しかしその幸福は長くは続かなかった。この学校は、「男子は女子に奉仕するもの」をモットーとする生徒会によって牛耳られていたのだ。更に英彦の家に、くノ一を名乗る謎の少女が現れる。

ふとしたことから生徒会に目を付けられた英彦は、学園中の男子達の「希望の星」に祭り上げられ、会長らとの全面対決を余儀なくされていく。





このゲームも色々ツッコミどころ満載ですがシナリオは悪くないです。
※メインヒロイン√のみ


生徒会長が教師よりも権限を持っており、


好き勝手やってる生徒会長を囲っている女子生徒達とミニゲームで闘い、


下剋上をするゲームです。



先程も言いましたが、シナリオは悪くないのですが、
※メインヒロイン√のみ


物凄くつまらないミニゲームを淡々とやらされます。


そのミニゲームの中でも運要素が絡むものもあり、


クリアを阻むものとなっております。


そして、生徒会長との決戦の前に過去やってきたミニゲームを何度もやらされることになり


生徒会長の元へ行くのに相当な時間が掛かります。
※僕がゲーム下手なのであまり参考にしない方がいいかもしれません


このゲームには20ものエンディングがありますので


全部のエンディングを見るためには何度も苦痛なミニゲームをやらなければなりません...


頭おかしなるで...


因みに、生徒会長決戦前まではメインヒロインにべた惚れ状態で、


決戦前にもイチャイチャしていたのにも拘わらず、


何故か、唐突に攻略中のヒロインを好きになります。



攻略中のヒロインと言っても大して絡みもなく、何故主人公に惹かれたかもわからずプレイヤーを困惑させます。


こんな無理やり他ヒロインを取り入れなくてもいいでしょ...


というのがこのゲームをやっていて思った事でした(笑)
















第3位
チョコレートキッス



TOP3に輝いたのは


【チョコレートキッス】













あらすじは


主人公・有崎尚斗は男子校に通う高校2年生。


通っていた校舎が大雪により大破してしまった為、


復旧するまでの1ヵ月間女子校に通う事になり、


2月14日のバレンタインの日にチョコを貰う事を目標に女の事仲良くなるお話です。



イラストも可愛く、システム面は何も問題ありません。


しかしながらシナリオが酷いです。


今までやってきたゲームの中でもっとも不快なゲームとして僕の中で君臨しました...


幼馴染である、麻里絵と5年ぶりの再会を果たしたすのですが、


もう一人の幼馴染、みちろーと付き合っていました。


しかし、みちろーは遠い学校に通う事になり麻里絵とは遠距離恋愛となっております。


そんな麻里絵とみちろーを別れさせようとする麻里絵の親友・紗智が色々とちょっかいを出し、


遠距離恋愛なんて長く続かないから他の男と付き合えと男友達を紹介したり、


主人公と麻里絵と付き合わせようとしつこく絡みに来ます。


挙句の果てには主人公と麻里絵のデートにも付いていき2人の行動を監視してきます。


ただ、それだけならば紗智だけが面倒臭いキャラで終わるのですが、


麻里絵も麻里絵で思わせぶりな態度を取ってるのにも拘らずみちろーの話題ばかり振ってきます。
※主人公とみちろーで比較され、みちろーがべた褒めされます


こんなのが延々と続くので苦痛以外の何でもないです。



余談ですが、


このゲームの発売日は2月14日でバレンタインの日になっておりますので、


大きなお友達が自分用のチョコレートとこのゲームを買い、


精神的に大きなダメージを与えてしまったそうな...







































第2位
スイートレガシー ~ボクと彼女の名もないお菓子~


第2位は


【スイートレガシー ~ボクと彼女の名もないお菓子~】







あらすじは


パティシエ志望の少年・佐藤衛は、父親の知り合いが運営するパティシエスクール「不動洋菓子学校」を紹介される。


しかし、行ってみてビックリ。


その不動洋菓子学校は女子校だったのだ。


学園長が女装してバレなければ入学してよいと提案。躊躇する衛だが、学長の強引さに負けてあっさり入学することになってしまう。


衛が男であることを知っているのは、学長の娘であるアヤカだけ。どうなる、衛の学園ライフ!?



う~ん、如何にも頭悪そうなシナリオだなぁ....


このゲームの駄目なところは不快な要素、つまらない要素が多い、シナリオが長い所です。


まず、主人公が天然毒舌キャラなのか色々と親切にしてくれているヒロインに人を見下したような発言、


人の気持ちを考えた行動を取らない事が大いに目立ち、


とてつもなく不快です。


主人公だけではなく、


担任の教師が勝手に主人公の家に上がり、


未成年である生徒にお酒を勧める、


生徒に殺虫剤を混ぜたケーキを食べさる等、


不快になる要素が山ほどあります。


忘れてはいけません、


このゲームはパティシエを目指す学生の物語なのに食べ物を粗末にする描写は流石にやっちゃいかんでしょ...



因みに教師の顔は不気味過ぎて印象に残ります(笑)


参考画像









このゲームが第2位に輝いた理由としては、


不快要素の多さ、


つまらない日常会話を聞かされる、


パティシエバトルという美味しいお菓子を作った方が勝利という謎のバトルがとてつもなくつまらなく、


審判・解説者が語彙が全くなくお菓子の魅力を伝えきれていない。


そして何よりエンディングまで長い。


これらの要素により今回2位にノミネート致しました。




































そして第1位に輝いたのは...









































第1位
ぱにっくちゃん





堂々の1位は


【ぱにっくちゃん】






あらすじは


ビデオショップに働くケンゴは、あまりさえない青年だがビデオは好きで、この仕事に生き甲斐すら感じていた。ある日店長に頼まれて新しいバイトを募集するためのチラシをコンピュータで作っていると、


突如PCの画面から現れる美少女「あの・・・わたしを働かせてくれませんか?」



このゲームはぶっちぎりで1位です。


えーとですね、訳の分からないシナリオ、メニューがない、誤字が度々ある、突如切り替わるシーン、飛ばすことの出来ない謎の同じアニメーションが連続して5回ほど流れる、セーブに失敗して勝手に次のシーンに切り替わる等など...


ホント何が起こっているのかわからないです。


終盤に至ってはループ物にしようと話を難しくしようとするが何一つ理解できない。


Amazonレビューには哲学とまで言われていたが僕には理解出来ないよ...


このゲームはクソゲー界で超有名なデスクリムゾンと同レベルの評価を得る程酷いゲームなんです。


因みにこのゲームも【破滅のマルス】と同じくアニメーションを売りにしているのですが、


使いまわしが多い、動作がカクカクで褒められたものじゃないです。


システム・アニメーションが駄目なのは百歩譲って良しとしましょう。


でも最低限シナリオとしてちゃんと成立してほしい....


こんなのはゲームとは呼べません。


よって1位に輝きました。



















と言う事で私的クソゲーランキングを作成してみましたが、


改めて思い返してもホント酷い作品が多い事...


でも不思議なことにプレイしてきたクソゲー達には愛着が湧き、


やってよかったなぁと思えるのです。


これがクソゲーの魔力という訳ですか...





もしこの記事を閲覧された方でクソギャルゲーをご存知でしたら是非教えて下さい。



まだまだ多くのゲームがある中で自分が知らない作品が眠っているはずなので


そんな作品たちをプレイしてみたいのです!






では、最後に宣伝させて頂きます。


私、そばはニコ生でギャルゲーをメインに放送しております。


この記事に記載した作品は全て放送内でプレイしました(笑)


少しでも気になった方がいらっしゃいましたら是非コミュニティ参加して下さい!
↓こちら↓
https://com.nicovideo.jp/community/co3836424



ではでは、また次回の記事まで!!








広告
×
恋盾は、結構好みです
そして、スイートレガシー買いました
12ヶ月前
×
あえてなのか、好んでなのか、
両方なのか・・・
修羅の道をゆく主の放送は大好きです!

これからも、
魂の抜き取られに耐えに耐えて
さらに極めて行って下さい!!!
12ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。